合格体験記 | 東進ハイスクール 高田馬場校 大学受験の予備校・塾|東京都

現役合格おめでとう!!
2022年 高田馬場校 合格体験記

順天堂大学
医学部
医学科

外山 未萌 さん

(女子学院高等学校)

2022年 現役合格
医学部
 私は自分の受験生生活を振り返って、東進に入学してよかったと心から思います。医学部受験という難しい挑戦ではあっても現役合格を勝ち取ることが出来たのは、早い時期から受験を見据えて東進で勉強を始めたからです。東進のカリキュラムに沿って勉強を進め早期に全範囲学習を終えることにより、高3の時に膨大な量の演習量を積むことができました。それほどの演習量を確保することが出来たのは、志望校別単元ジャンル演習をはじめとする東進コンテンツのおかげです。また、最後までモチベーションを維持したまま受験生活を乗り越えることが出来た理由として、チームミーティング制度を通じて切磋琢磨し支え合うことのできる仲間たちと出会えたということは非常に大きいと思います。東進は学力的な成長だけでなく、人間的な成長も得ることが出来る場であると思います。受験生活を通して学んだことをこれからの大学生活にも活かし、医者として活躍することができる人間になりたいです。

一橋大学
商学部
経営学科、商学科

和田知子 さん

(雙葉高等学校)

2022年 現役合格
商学部
周囲が受験勉強に本腰を入れ始めていることに焦りを覚えたため、高2の夏前に東進の模試を受験し、無料体験講習に参加しました。そのときに受講した授業がとても分かりやすかったことと、東進は時間の融通が利き、自分のペースで学習を進められることが決め手となり、東進への入学を決めました。高2の秋までは部活が忙しく、部活と東進での学習を両立させることが困難だったのですが、部活を引退したタイミングで気持ちを切り替え、学校が終わったら東進に直行し、閉館時間まで勉強するようになりました。今振り返ると、この習慣を早期から確立することができたことが、第一志望の大学の合格へと繋がったのだと思います。私がお勧めしたい東進コンテンツは、高速マスター基礎力養成講座(特に英単語)と大問別演習です。共通テスト同日体験受験以降、共通テスト対応英単語1800、及び上級英単語1000を毎日100題取り組むことを心掛けていたのですが、継続するうちにあやふやだった単語もきちんと習得することができ、模試の英語リーディングで安定して9割近くとれるようになりました。ここで単語をしっかりと身に着けたおかげで、長文問題等で単語の意味が分からずに躓くことが格段に少なくなり、英語を得意科目にすることができました。また大問別演習は、古文・漢文・日本史・地理・理科基礎を中心に活用していました。私は教科書や参考書を読み込んで覚えるよりも、演習でのアウトプットを通じて知識を身に着けるほうが性に合っていたので、このツールを通して苦手な分野や躓きやすい点を明確にし、弱点をつぶすことができました。模試での成績が振るわないことも多く、幾度も挫けそうになったのですが、それでもめげずにこの一年を走り抜けられたのは、東進の担任助手の方々が勉強面だけでなく精神面でも手厚くサポートしてくださったおかげです。お世話になった担任助手の方が自分の志望校と同じ大学に通われていたので、私も同じ大学に通うぞ!と自分を奮い立たせて頑張ることができました。受験生の方はこれから一年間苦しく大変なことも多いとは思いますが、ここで受験勉強をやり切ったという経験は自分の自信に繋がり、一生の財産になると思うのでぜひ頑張ってください。陰ながら応援しています。

慶應義塾大学
薬学部
薬学科

松田 涼 くん

(渋谷教育学園渋谷高等学校)

2022年 現役合格
薬学部
僕は、東進に入ってよかったと思っています。高3の7月までは部活がありとても忙しかったですが、東進は自分の好きなタイミングで学習することができたので、計画を立てて少しずつ勉強を進めることができました。8月からは、部活がなくなり、過去問を中心に毎日勉強しました。9月からは志望校別単元ジャンル演習講座にも取り組み、膨大な量の演習に取り組みました。その結果、慶應義塾大学薬学部に合格することができました。 受験生活では、成績が伸びず辛い時もありましたが、今振り返ると、とても意味のあるものだったと思います。僕は、一つの目標に向かってここまで努力したのが初めてのことでした。これは、今後の人生に大きな力になると思います。後輩の皆さんには、辛いことがあっても、最後まで諦めずに全力で頑張ってほしいです。

慶應義塾大学
薬学部
薬科学科

柴田匠 くん

(戸山高等学校)

2022年 現役合格
薬学部
僕が東進を知ったのは、高校二年生の冬に受けた模試です。この時、校内での定期テストの点数は悪くはありませんでしたが、模試での点数が悪く、志望校に合格するためには東進に行くことが不可欠だと思いました。体験入学では、今井先生の授業が楽しかったので、東進ハイスクールを選びました。週一で行われるチームミーティングでは、勉強に対するモチベーションを向上させることができ、精神的に健康で効率的に勉強できたので良かったです。学校での行事への準備の仕事がある時には、東進の下校時間まで勉強に充てました。この経験からスキマ時間の有効活用の方法を学べました。入学したときから高3の夏まで、共通テスト本番レベル模試の数学の点数が不安定で平均して6割程度しか取れず、苦労しました。苦手な分野(ベクトル等)の総復習や共通テスト対策で、出題形式に慣れることで、高3の夏からは平均して8割を超えられるようになり、本番では数学が難化しても7割を超えたので良かったです。 将来の夢は創薬研究で、研究に強い大学か、薬学部の薬科学科がある大学に通いたかったので、志望校を慶應義塾大学の薬学部薬科学科に設定しました。結果は、慶應義塾大学に行くことになりました。自分の目指している創薬研究をするには、慶應義塾大学が近道であると思いました。 僕にとって受験勉強は、忍耐力だと考えます。理由は、模試の成績は思ったよりすぐには伸びず、結果が出るまではストレスに耐えなくてはいけないと思うからです。 大学生になってからは、自分で考えて自分の身の回りのことは自分で判断を下せるような人になり、失敗を恐れない人になりたいです。 

東京農工大学
農学部

寺町彩香音 さん

(小山台高等学校)

2022年 現役合格
農学部
もともと計画を立てて勉強するのは苦手でしたが、自分でやるべきことを考えて継続的に学習する習慣がつきました。チームミーティングを通してみんなの努力を知って尊敬したし、私も見習って頑張ろうと思えました。東進の校舎に行くと、どのスタッフの方も気さくに話しかけてくれたり、親身になって相談に乗ってくれたのがありがたかったし、心が軽くなりました。今は第一志望に合格できた嬉しさがじわじわこみあげてます。 実力試験は全合格できたのも、今までの努力が評価された気がしてとても嬉しいです。受験勉強が本格的に始まると、今の勉強法は合ってるのか不安になることもあるとも思います。私も今の時期にこの勉強を始めても本番に間に合うのかばかり考えていました。でも振り返ってみると、思ってるより時間は沢山あるし、やろうか迷うくらいなら短期間で一気に頑張って終わらす方が賢いです。難しい問題ばかり取り組んでいると精神的にも辛いし、問題数も多くこなせません。結局合格につながるのは、みんなができる問題を取りこぼさないことだと思います。 長期休みや本試前は教科書の練習問題は完璧にするなど、基礎を振り返るのも大事だと感じました。365日頑張り続けられる人はほぼいません。時には気分転換をしたり、早く寝るのも勉強し続けるためのコツだと思います。本番は今更緊張しても逆効果なだけだと思うとリラックスできると思います。

校舎情報

高田馬場校

高田馬場校
地図
新宿区高田馬場2-14-2
新陽ビル3F ( 地図 )

電話番号0120-104-770
(または03-5291-4130)