校舎の様子 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール高田馬場校 校舎長 山田 優

皆さん、こんにちは!東進ハイスクール高田馬場校校舎長の山田優(ヤマダ ユウ)と申します。
大学受験。皆さんにとって今まで経験したことの無い大きなハードルだと思います。ただ、この大学受験も「将来の夢・志」の過程の一つだと思います。医療の発達により、平均寿命が延びている今、「どのような人生を歩むか」は、人々にとって、より大きなテーマになります。
「独立自尊の、社会・世界に貢献する人財を育成する」という東進ハイスクールの教育目標のもと、「第一志望校合格」と同時に、大学受験を通して、目標に向けて努力すること、最後までやりぬくことを学び、大学合格後も人財として努力を惜しまず、社会に出ても逞しく成長していける人財となるよう、皆さんを全力でサポートしていきます。共に人として成長することを楽しみましょう!校舎でお待ちしております!

 

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

佐藤 光駿 くん 東京大学 文科Ⅲ類
早稲田高校 卒 生徒会会長・剣道部・軽音楽部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
佐藤 光駿 くん 東京大学 文科Ⅲ類
担任助手として一言
自分自身のことを一番よく知る皆さんが独力で思考錯誤しながら勉強することは受験勉強の醍醐味だと思います。しかし、客観的な視点から最適な受験勉強・生活の方向性を維持することも重要です。その役目を担うのが私たち担任助手です。大学受験を通してみなさんの夢や志の実現のための一助となれるよう頑張ります!私たちと一緒に人生の今しか味わえない受験生活を満喫しましょう!
山村 明日香 さん 一橋大学 社会学部
日比谷高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
山村 明日香 さん 一橋大学 社会学部
担任助手として一言
受験本番までの時間というのは、とても長いように感じると思います。受験勉強を高3の最後まで続けなくてはならないと思うと、早く時間が過ぎて欲しいと思うかもしれません。しかし、実際に受験直前になると、時間が足りない、もっと時間が欲しいと思う人がほとんどです。直前期に少しでもそう思う気持ちをなくすために、今から時間を大切に勉強しましょう!東進では自分のペースでどんどん先に進めます。もちろん勉強を進めすぎて損をするなんてことはありません。頑張りましょう!!
新倉 愛 さん 慶應義塾大学 薬学部
共立女子高校 卒 歩行部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
新倉 愛 さん 慶應義塾大学 薬学部
担任助手として一言
皆さんは、第一志望に合格したいですよね?受験までの限られた時間をどう過ごすかは、環境によって大きく変わります。東進は映像授業での学習もありますが、グループミーティングという週に一度同志と話し合う機会が設けられます。互いに刺激し切磋琢磨することで、モチベーションや勉強に対する考えが俄然変わります。また、受験勉強の中で辛くなったときは私達担任助手が全力でサポートします。これから一緒に合格まで突っ走りましょう。

→もっと見る

陳 景瀚 くん 慶應義塾大学 経済学部
成城高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
陳 景瀚 くん 慶應義塾大学 経済学部
担任助手として一言
皆さんは勉強ができる環境に感謝したことはありますか?多くの人はまだこの答えに、堂々と「あります!」と答えられないのではないのではないでしょうか、私の経験から、これが出来ることが人間的に最も成長でき、尚且つ最高の結果が出ることを確信しています。しかし、多くの人はまだ勉強ができる環境が当たり前だと思っているのが現実だと思います。なので私たち、担任助手はこのことを教えながら全力で第1志望校合格に向けてサポートしていきます!一緒に走りきりましょう!
室井 裕将 くん 早稲田大学 基幹理工学部
早稲田高校 卒 吹奏楽部・美術部・バスケットボール部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
室井 裕将 くん 早稲田大学 基幹理工学部
担任助手として一言
“受験は団体戦と聞いたことはありませんか?もちろん個人戦の部分もあると思います。試験を受ける時は1人ですし、最終的には自分に勝たなければなりません。しかし個人戦で勝つためには共に高め合える仲間が必要です。
私自身、仲間に刺激を受け東進に入り勉強を始めることが出来ました。そして、モチベーションを失いかけた時にも仲間がいたから諦めずに努力出来ました。そんな仲間と出会えるのが東進です。私たち担任助手も仲間として全力でサポートします!高田馬場校で一緒に勝利を掴み取りましょう!”
呉 佳真 さん 早稲田大学 先進理工学部
吉祥女子高校 卒 テニス部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
呉 佳真 さん 早稲田大学 先進理工学部
担任助手として一言
第1志望校に合格するためにはまず何が必要だと思いますか?ズバリ、早期からの勉強習慣化です!大学入学共通テストの導入や私大入試の難化など、近年の受験環境は厳しさを増しています。東進は映像配信によるIT授業のため、自分のペースで勉強を進めることができ、さらにグループミーティングではお互いに高め合える仲間にも出会うことができます。大学受験は辛くて長いもので、1人だけでは乗り越えられないことも多いでしょう。みなさんが悩んでいるときは、私たち担任助手が一緒に考えて、解決していきます。一緒に合格まで走り抜きましょう!!
布施 亮太 くん 早稲田大学 法学部
早稲田高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
布施 亮太 くん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
“天才には、頭がいい人にはどういう人がなるのでしょうか? 私の経験上それは「とても努力している人」です。そしてその努力を周りの人が見ていないところでも継続している人です。つまりやろうと思えば誰でもできる。受験というのは試験日が決まっていてそこまでの努力量、どれほど時間をかけられたかで結果が決まります。 いち早く努力し始めてください。努力して、自分の力が伸びた!と感じることができるほどまでに努力してください。担任助手として私たちがそれを応援します、サポートします!”
弘世 賢太郎 くん 中央大学 国際経営学部
日本大学第二高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
弘世 賢太郎 くん 中央大学 国際経営学部
担任助手として一言
受験は団体戦だ、という言葉がよくありますが、実際自分と向き合い、自分の弱いところと向き合い、自分に勝たなければ成功を掴み取ることはできません。私自身、受験生時代には様々な誘惑に負けそうになることがありました。特に夏休み明けは気が緩みがちです。夏休みは受験の天王山とよく言われますが、夏休み明けの緩みがちな時期に自分に勝った人が、受験で成功すると思います。僕も全力でサポートしていくので、頑張りましょう!
栗山 七海 さん 立教大学 法学部
青山高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
栗山 七海 さん 立教大学 法学部
担任助手として一言
大学受験に対するイメージは人それぞれだと思いますが、私は、各々が思い描く「なりたい自分」に近づくための第一歩だと思います。東進では夢・志について考える機会が多く設けられており、常に目標を見据えながら勉強することができます。また、担任助手と生徒の距離が近いからこそできる生徒ひとりひとりに合わせた指導があります。みなさんが第1志望校合格、そして受験を通して自分の将来像に近づけるよう、学習面も精神面も全力でサポートしていきますのでよろしくお願いします!高田馬場校で一緒に頑張っていきましょう!
福田 真紀 さん 早稲田大学 法学部
江戸川学園取手高校 卒 サッカー部マネージャー 東進ハイスクール高田馬場校 OG
福田 真紀 さん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
私は高田馬場校で出会った担任助手や友人に支えられながら、校舎の温かい雰囲気の中で自分の受験期を乗り越えました。これからは受け取る側から与える側として、生徒一人一人との関わりを大切にして全力でサポートし、生徒が校舎に来たくなるような雰囲気を作っていきたいです。また、自分の経験を基にしつつ、人それぞれに合った指導やアドバイスをしていこうと思っています。一緒に前進していきましょう!!
川本 瑛一郎 くん 早稲田大学 政治経済学部
早稲田高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
僕が受験においてまず最も大事だと思うのは、「計画性」です。受験勉強を開始する時期は人それぞれですが、自分より早く受験を意識して勉強を始めたライバルたちに勝つには、やはり合格から逆算して立てた質の高い計画と、それをやり切る行動力(勉強量)が求められます。東進で、合格に向けて様々なコンテンツを用いながら全力で計画を達成しようとする東進生の皆と共に、僕も担任助手として全力でサポートしていくので宜しくお願いします!一緒に頑張りましょう!
鎌瀬 雄暉 くん 東京大学 文科Ⅲ類
早稲田高校 卒 テニス部、英会話同好会 東進ハイスクール高田馬場校 OB
鎌瀬 雄暉 くん 東京大学 文科Ⅲ類
担任助手として一言
受験で成功できるかどうかは、皆さんが勉強を「継続」できるかどうかにかかっています。ある期間のみ多くの勉強時間を設けたものの結局続かなかった、のような三日坊主では意味がありません。僕自身、部活をサボったりと継続することが苦手だったのですが、東進に通うことを通してライバルの勉強している姿を見て刺激を受けたこと、担任助手の方々に励ましてもらうことで継続でき第一志望に合格することができました。今度はその経験を活かして僕が皆さんをサポートする役割を担います。受験を終えた直後なので、より生の声として皆さんのお力になれると思います。一緒に頑張りましょう!
川村 歩輝 くん 一橋大学 商学部
早稲田高校 卒 卓球部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
川村 歩輝 くん 一橋大学 商学部
担任助手として一言
私達東進ハイスクール高田馬場校では生徒が「自ら計画し、実行する力」を身につけることにより、目標である第一志望合格を勝ち取れるように全力でサポートしています。東進の授業は映像を用いた授業であるため、個々のペースに基づいた学習の「計画→実行」のサイクルを形成することが可能です。私も東進ハイスクール高田馬場校担任助手として、自身の成功体験と生徒の皆さんの個々の状況をうまくすり合わせることで、このサイクル形成の一助となれればいいと思っております。皆さんとともに喜べる日を楽しみにしています!
若松 智花 さん 首都大学東京 システムデザイン学部
東京都立小山台高校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
若松 智花 くん 首都大学東京 システムデザイン学部
担任助手として一言
「勉強は一人でするもの」だと思っていませんか?確かに、自分自身がペンを動かし、学習をしなければいけません。しかし、「受験は皆でするもの」だと私は思います。私も受験生の時、担任助手をはじめとする沢山の方々の支えのお陰で受験を乗り越えられました。また、グループミーティング等を通して仲間と切磋琢磨することで、意識を高く保ち続けることが出来ました。私達担任助手は、生徒の皆さんが無事第一志望に合格できるよう、また、受験を通して様々な面で成長してもらえるよう、精一杯サポートしていきます。これから一緒に頑張っていきましょう!
鈴木 良和 くん 一橋大学 商学部
早稲田高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
鈴木 良和 さん 一橋大学 商学部
担任助手として一言
受験はただ勉強するだけで受かると思っているならばそれは大きな間違いです。ある一定のレベルに到達すれば本番はいかに実力を出し切れるかが勝敗を分けます。本番で実力を発揮するには、いかに自分のことを知れているかが重要になります。だから受験生はひたすら自分について考えてください。自分をよく理解している人はどんな状況でも気持ちをコントロールできます。その能力が受験を制するうえで最も重要、かつこれからの人生にも役に立つ能力であると思います。でも一人で考えるのが辛くなったらいつでも我々担任助手に相談してください。先輩として一緒になって考えます。
四方 薫子 さん 早稲田大学 文化構想学部
東京女子学院高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
四方 薫子 さん 早稲田大学 文化構想学部
担任助手として一言
東進では自分の実力に合った授業を受けることができ、また、グループ制なのでレベルの高い仲間と切磋琢磨して受験勉強に望むことが出来ます。また精神的に辛い時も担任の先生や担任助手の方に支えられて最後までやり抜くことが出来ました。私たち担任助手は全力で生徒を応援し、支えていくので、是非私たちと一緒に頑張りましょう。
加賀山 雄一 くん 東京工業大学 第6類
早稲田高校 卒 野球部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
大学受験は高校生にとって辛いかも知れません。でも、全力で勉強に取り組むことによって様々な面で成長できるはずです。少しでも悩み事や分からない事があれば東進の担任助手に相談して下さい。受験生が本気で受験に挑んでいるからこそ、自分たち担任助手も本気でサポートします。第一志望校に合格するという強い気持ちを持っていれば怖いものなんてありません。何事にもポジティブに突き進んで合格を掴み取りましょう!
大庭 拓馬 くん 早稲田大学 教育学部
世田谷学園高校 卒 テニス部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
大学受験を迎える時には、誰もが不安に駆られます。しかし、その不安の度合いは努力量に応じて変えていくことが出来るはずです。「自分はここまでやり切って来たのだからから、絶対に結果は付いてくる!」と思うことが出来れば、他の人に対してすでにリードを取れているはずです。その努力を続けることができる場が東進だと思います。皆さんの努力を最大限継続することが出来るよう、私たち担任助手も全力でサポートします!最後まで頑張っていきましょう!!
坪田 遼 くん 早稲田大学 政治経済学部
学習院高等科 卒 テニス部、山岳部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
特におすすめするコンテンツは映像授業による高速学習システムです。入学時期が遅かったのですが、自分のスケジュールに合わせて受講できるため、部活動と両立させつつ夏休み前には必要な知識のインプットを完了することができました。東進のコンテンツをフルに活用すれば、必ず合格は見えてくると思います。わからないことや不安なこと、また部活との両立で困ったことなどがあれば、遠慮なく質問してください。第一志望合格を目指して一緒に頑張りましょう!

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

写真は特別公開授業で、数学の志田晶先生に来て頂いた時の様子です。
高1生、高2生が特別公開授業の実行委員を組織し、校舎のスタッフと生徒が一丸となって 当日の授業を盛り上げ、成功するように努力しました。
結果、大きな自習室の席がほとんど埋まり、教室は熱気で溢れました。
特別公開授業は受験に対してのモチベーションが非常に高まるイベントですので色々な生徒に参加して欲しいですね。

塾内合宿

塾内合宿

非常に長い時間にわたって勉強するイベントですが、勉強の合間に将来を真剣に考える時間があります。まず、夢を叶えた人々に関してや世界情勢についての映像を見て、自分に置き換えて考えさせます。高校生にとっては難しい内容ですが、東進では視野を広く持って世界に貢献する人財を本気で育てようと考えているので、その理念に則って実施しています。次にグループディスカッションで他の人の意見を聴き、同じ高校生なのに深い考えを持っている生徒と接触することで、刺激が得られます。また、非常に長い時間を通して勉強するという経験は一人では達成出来ませんが、全員で勉強することによって達成が可能となり、自分の限界を越えて少し成長した生徒がそこにはいます。その自信をもとに少しずつ夢に近づきます。

合格報告会

合格報告会

志望校に合格した生徒や担任助手が、受験生に向かってどのように勉強してきたかを伝える会です。左の写真の会では、1年で成績が3倍になった生徒の発表が行われました。あきらめずに努力をすれば希望は叶うことを、実際に合格した生徒が自分の言葉で伝えることは生徒にとってモチベーションがあがる最大のきっかけとなります。高田馬場校では3月に数回の合格報告会を実施し、春休みに生徒が猛勉強するきっかけになりました。