校舎の様子 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール高田馬場校 校舎長 村山 友里恵

皆さん、こんにちは!東進ハイスクール高田馬場校校舎長の村山友里恵と申します。突然ですが、皆さんは何のために大学受験をしますか?また、将来の夢はありますか?大学受験は突破することがゴールではなく、その先の人生を逞しく生きていくための通過点にすぎません。皆さんが、立派な人財になれるよう、大学受験を通じて将来に向けて必要な素質を磨いていけるような指導を日々行っております。勉強する意義や将来やりたいことが見つかっていない方も大丈夫です!担任の先生と担任助手の先生2名が生徒一人ひとりと真摯に向き合い、一緒になって考えていきます。私達と一緒に夢への一歩を踏み出しましょう!校舎でお待ちしております!

高田馬場校には、近隣の海城高校・早稲田高校・都立戸山高校を始めとして、東大・医学部・早慶等の難関大を本気で目指す生徒さんが多く通っています。部活動と両立して毎日通う生徒さんも多く、教室の真剣な雰囲気と、受付のアットホームな雰囲気を併せ持つ、メリハリのある校舎です。高田馬場校のスタッフが第一志望校合格までしっかりリードします。一緒に頑張りましょう!

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

岩本 武 くん 東京大学 理科Ⅱ類
早稲田高校 卒 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
受験勉強は辛くて長い闘いであり、一人の力で乗り切れるものではありません。私も先生や家族、友人やライバルの支えがあって合格することができました。私も自分の受験生時代の経験を活かして皆さんの支えとなれるよう力を尽くします。一緒に第一志望合格を勝ち取りましょう!
中山 さくら さん 千葉大学 教育学部
目白研心高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
担任助手として一言
私は受験を通して自分の将来の夢が明確になり、自分のやりたいことが学べる大学に進学することができました。大学受験と言われると勉強しなきゃとまず思うと思いますが、大学に進学したあとのことを考えながら勉強すれば受験は勉強ばかりでつらいものではなくなります。ぜひ目標に向かって楽しく受験勉強をしましょう!つらくなったり調子が悪いと思ったときは私たちがサポートします。悔いなく受験が終えられるよう、全力で努力していきましょう!!
坪田 遼 くん 早稲田大学 政治経済学部
学習院高等科 卒 テニス部、山岳部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
特におすすめするコンテンツは映像授業による高速学習システムです。入学時期が遅かったのですが、自分のスケジュールに合わせて受講できるため、部活動と両立させつつ夏休み前には必要な知識のインプットを完了することができました。東進のコンテンツをフルに活用すれば、必ず合格は見えてくると思います。わからないことや不安なこと、また部活との両立で困ったことなどがあれば、遠慮なく質問してください。第一志望合格を目指して一緒に頑張りましょう!

→もっと見る

鈴木 遼 くん 一橋大学 商学部
早稲田高校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
受験勉強は楽しいことばかりではなく、むしろ辛いことのほうが多いでしょう。途中で投げ出したくなったり、逃げたくなったりするかもしれません。そんなときは、友人や家族、そして私達東進の担任助手に頼りましょう。一人では乗り越えられない壁も、仲間となら乗り越えられるはずです。私達担任助手も、自分たちの経験を生かしてアドバイスをするので、第一志望合格、さらにはその先にある将来の夢の実現に向けて一緒に頑張っていきましょう。
田中 美希 さん 一橋大学 法学部
学習院女子高等科 卒 料理研究部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
担任助手として一言
私は、忙しい高校生活を送りながらも東進での勉強を進め、現役で国立大学に合格することができました。自分の予定に合わせて受けられるという東進ならではのスタイルはもちろん、グループ面談を通してライバルと意識を高めあったり、困った時にはすぐに担任助手の方々や担任の先生方が相談に乗って下さったりと、とても恵まれた環境が支えになっていたと思います。私も受験生時代の経験を活かし、皆さんの伴走者として志望校合格までの道のりをサポートしたいと思っています。最後まで一緒に頑張りましょう!
加賀山 雄一 くん 東京工業大学 第6類
早稲田高校 卒 野球部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
大学受験は高校生にとって辛いかも知れません。でも、全力で勉強に取り組むことによって様々な面で成長できるはずです。少しでも悩み事や分からない事があれば東進の担任助手に相談して下さい。受験生が本気で受験に挑んでいるからこそ、自分たち担任助手も本気でサポートします。第一志望校に合格するという強い気持ちを持っていれば怖いものなんてありません。何事にもポジティブに突き進んで合格を掴み取りましょう!
山本 雅 くん 東京学芸大学 教育学部
都立青山高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
私は東進を活用し勉強することで、小学生の頃から入りたいと思っていた大学に現役で合格することができました。しかし、当然のことですが、受験期を乗り越えることは簡単なことではありませんでした。私はこの体験を活かし、皆さんの支えとなれるよう努力していきたいです。一緒に第一志望校合格を目指して頑張っていきましょう!
田島 有理子 さん 早稲田大学 社会科学部
学習院女子高等科 卒 コーラス部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
担任助手として一言
私は、長い受験生活を東進で過ごせたことを本当に誇りに思っています。受験という過酷な状況であったからこそ、互いに切磋琢磨し心から分かり合える大切な仲間ができ、週一回のグループ面談や日々の様々なランキングの中で彼らと協力し支え合い時には競い合って、常に自分を高め続けて勉強をする中で大きく成長できました。私たち担任助手は、マラソンで言うならば給水者ではなく皆さんと共に走る伴走者です。仲間と、自分と、闘い続けて第一志望校を勝ち取りにいきましょう!!
大庭 拓馬 くん 早稲田大学 教育学部
世田谷学園高校 卒 テニス部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
担任助手として一言
大学受験を迎える時には、誰もが不安に駆られます。しかし、その不安の度合いは努力量に応じて変えていくことが出来るはずです。「自分はここまでやり切って来たのだからから、絶対に結果は付いてくる!」と思うことが出来れば、他の人に対してすでにリードを取れているはずです。その努力を続けることができる場が東進だと思います。皆さんの努力を最大限継続することが出来るよう、私たち担任助手も全力でサポートします!最後まで頑張っていきましょう!!
平野 詩織 さん 早稲田大学 文化構想学部
雙葉高校 卒 卓球部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
担任助手として一言
受験は自分と向き合う絶好のチャンスです。努力が目に見える喜びもありながら、自分の弱い所とも向き合わなくてはいけません。逃げたくなるでしょう。悩んで行き詰まるかもしれません。そんな時こそ校舎に来て下さい。担任の先生や担任助手がお話を聞いて、みなさんが壁を乗り越えて行けるよう支えます。みなさんには、悔いなくやり切ったと思える、人生の糧となるような受験生活を送って頂きたい。そのために私たちも熱意を持ってサポートします!一緒に歩んでいきましょう!
山﨑 悠里 さん 東京理科大学 理学部
東洋英和女学院高等部 卒 英会話部 東進ハイスクール高田馬場校 OG
担任助手として一言
私は東進入学時には、希望の大学への合格には程遠い成績でした。しかし担任助手の熱心な指導、週1回のグループミーティング、東進の高速学習や高速基礎マスターなどを受けることにより、無事難関大学合格を勝ち取ることが出来ました。自分の経験を活かし、夢に向かって進む皆さんを全力で応援し、支えていきます!一緒に頑張っていきましょう!

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

写真は特別公開授業で英語の福崎伍郎先生に来ていただいたときの様子です。高1生、高2生が特別公開授業の実行委員を組織し、校舎のスタッフと生徒が一丸となって当日の授業を盛り上げ、成功するように努力しました。結果、大きな自習室の席がほとんど埋まるくらいになり、教室は熱気で溢れました。特別公開授業は受験に対してのモチベーションが非常に上がるイベントですので、いろいろな生徒に参加してほしいですね。

塾内合宿

塾内合宿

非常に長い時間にわたって勉強するイベントですが、勉強の合間に将来を真剣に考える時間があります。まず、夢を叶えた人々に関してや世界情勢についての映像を見て、自分に置き換えて考えさせます。高校生にとっては難しい内容ですが、東進では視野を広く持って世界に貢献する人財を本気で育てようと考えているので、その理念に則って実施しています。次にグループディスカッションで他の人の意見を聴き、同じ高校生なのに深い考えを持っている生徒と接触することで、刺激が得られます。また、非常に長い時間を通して勉強するという経験は一人では達成出来ませんが、全員で勉強することによって達成が可能となり、自分の限界を越えて少し成長した生徒がそこにはいます。その自信をもとに少しずつ夢に近づきます。

合格報告会

合格報告会

志望校に合格した生徒や担任助手が、受験生に向かってどのように勉強してきたかを伝える会です。左の写真の会では、1年で成績が3倍になった生徒の発表が行われました。あきらめずに努力をすれば希望は叶うことを、実際に合格した生徒が自分の言葉で伝えることは生徒にとってモチベーションがあがる最大のきっかけとなります。高田馬場校では3月に数回の合格報告会を実施し、春休みに生徒が猛勉強するきっかけになりました。