【イベントレポート】武藤一也先生 特別公開授業を実施しました!! | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2019年 11月 18日 【イベントレポート】武藤一也先生 特別公開授業を実施しました!!

年に数回のスペシャルイベント・特別公開授業実施

高田馬場校に英語の名人来たる!

リポーター:担任助手2年 鈴木良和(一橋大学商学部2年)

11月15日(金)に、東進英語科の武藤一也先生による特別公開授業(生講義)を実施しました。とても聞きやすく、かつ分かりやすい授業で参加した方は英語に対する考え方も変わってきたのではないでしょうか?

 自分が公開授業などのイベントで大切だと思っていることは、先生の話を「きっかけ」にすることです。公開授業にて武藤先生がおしゃっていた通り、公開授業のわずか2時間では英語の成績が飛躍的に上昇することは考えづらいです。しかし先生の授業には英語を苦手とする人たちがそれを解決するヒントがたくさん詰まっていました。公開授業を活かせる人はそのヒントをきっかけにして努力を始めた人です。

 例えば、先生が授業中に高速基礎マスターの大切さをたくさん話してくださいました「文の読み方は私たちが何とかすることができるが、単語は自分で覚えるしかない」だそうです。このレポートを読んでいるみなさん、公開授業から4日経ちましたが、高速基礎マスター講座は進めていますか? 英単語を修得する手段は必ずしも高速基礎マスターだけではありませんが、授業をきっかけとして、何か努力をはじめられた生徒は授業に出た価値が大いにあると思います。

 「人間はきっかけ一つでいくらでも変われる」私がいつも生徒に言っていることです。今回の公開授業をはじめ「きっかけ」はいつも自分のすぐ傍にあるのです。要はそのきっかけを自分のものにできるかです。今回の公開授業をきっかけにできた人は前に進んでいけるだろうし、できなかった人はそのまま立ち止まったままです。

東進ハイスクールでは、12月1日より「新学年」が始まります。現高2生はいよいよ”受験生””としての覚悟が求められる時期に移行します。繰り返しになりますが、今回の授業に参加した人もそうでない人も、努力は皆さん自身が成し遂げるものです。ともに頑張りましょう!

(登壇して講義をする武藤一也先生。とにかく親切に教えてくださりました。 撮影:鈴木)(ペアワークタイム。当日は東進生以外にも一般生の方も含め、多くの生徒が参加。教室がいっぱいになりました。 撮影:鈴木)