新学年にこだわって欲しいこと(加賀山) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2018年 11月 26日 新学年にこだわって欲しいこと(加賀山)

 

こんにちは!

 

担任助手の加賀山です!

 

最近、ラーメンばかり食べて太りました。

このままではまずいので、手軽にできる運動があったら教えてください!

 

さて、今週は「新学年にこだわって欲しいこと」です。

 

 

 

僕からは、数学計算演習について

「なぜ大事なのか?」「どれくらいやるべきなのか?」を書いていきます。

 

 

まず、なぜ大事なのか?

 

それは数学を新学年のうちに極めてほしいからです。

 

高校3年生になると、

理系の人だったら理科科目、文系の人だったら社会科目がより本格的に始まります。

 

しかし、センターレベルの理科や社会で良い点数を取るには、多くの時間を確保しないといけません。

僕の感覚では半年くらいかかると思います。

 

 

理科や社会の時間を確保するためには、数学を高校1,2年生のうちに完成させる必要があります。

 

 

英語は3月末までと東進の渡辺勝彦先生が良く言っていますが、

数学も3月末までにケリをつけましょう!

 

 

仮に3月でケリがついていたら、

 

合格に一直線です!!

 

では、どれくらいやるべきなのか?

 

数学計算演習を例にスケジュールを組んでみると、

 

こんなかんじです!

 

数学が苦手な人にとっては、ハードかもしれませんが、これくらいやらないと力はつきません。

まずは、教科書を見ながらでも良いので、自分に負荷をかけていきましょう!

 

 

数学は演習がものをいう世界です!!

頑張りましょう!!

 

 

高田馬場校担任助手 加賀山雄一

~お知らせコーナー〜

本日の開館時間は11:30~21:45です。

 

明日のブログは新倉担任助手です。

 

お楽しみに!

↓↓要チェック!!