8月 | 2018 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ 2018年08月の記事一覧

2018年 8月 21日 模試にむけて(立薗)

こんにちは!

最近あまり校舎に来れていない為レアキャラと化している立薗です(笑)

 

もうすぐ8月センター本番レベル模試ですね!(^^)!皆さん準備は万端ですか??

高橋担任助手も言っていましたが、夏休みに頑張ったからといって必ず8月の模試で成績がでるわけではありません。

 

勉強というのはすぐに結果が出るものではないので難しいところですが、今は自分の努力を信じて成績が上がるその日を待つしかありません。

(私の場合、8月模試で成績が上がらず夏休みの努力は意味なかったのだとすごく落ち込みました…。しかし無事10月の模試で成績がグンッと上がりそれ以降その成績を維持することができました!!)

 

必ずしも8月の模試の成績が夏休みの努力の結果を決めるわけではないので前向きに8月模試に挑んで欲しいです。

 

 

といっても最後の最後まで1点にこだわって前回よりもいい成績がとれるよう頑張りましょう!

 

健闘を祈ります!!!!

 

 

〜お知らせコーナー〜

本日の開閉館時間は7:00~20:45です。

明日のブログは 新倉担任助手です。

お楽しみに!

 

↓↓要チェック!!


 

2018年 8月 20日 模試に向けて(高橋)

 

こんにちは?

久しぶりにブログを書く高橋です!

 

昨日は東大本番レベル模試がありましたね。

受験してきた皆さんお疲れ様です!

出来はどうでしたか?

 

早急に復習をして、日曜日に控えているセンター本番レベル模試に気持ちを切り替えましょう!

 

 

さて、8月の模試まで1週間を切りましたが、勉強の調子はいかがですか?

夏休みも終盤にさしかかり、過去問演習等を通じて成果を実感している人もいるのではないでしょうか?

 

ですが、先に言っておきます。

期待しすぎるな!!!

 

この夏休みは朝から夜まで勉強して、これだけやったんだから成績も伸びているだろう…と不覚にも期待してしまうと思います。

私も去年はそう思っていました。

ところが!残念ながら急激に点が上がることは無かったです?

勉強した成果が目に見えて表れるようになるまで少なくとも二ヵ月はかかるからです。

 

8月センター本番レベル模試は、受験生にとって本番と同じくらい重要です。

模試後の面談では、この模試をもとにして現実的に志望校を考えます。

 

途中で寝ちゃった…

まだ習ってない範囲が出た…

寒くて集中できなかった…

なんて言い訳は通用しません。

 

何があっても動じないように勉強するんです?

 

 

 

そして!

模試は朝から始まります。

1科目開始時には、脳がフル回転していなければいけません。

そのために、今まで出来ていなかった人も今日から模試までだけでも朝登校頑張ってみませんか

当日だけ早起きしようとしても、いつものリズムが崩れて上手くいかないですよ!

 

 

 

 

とは言え、夏休みの皆さんの頑張りは模試だけでなく本番の結果に繋がります?

あと6日間、最大限の努力をしましょう!!!!!!

 

 

高田馬場校 担任助手 高橋

 

〜お知らせコーナー〜

本日の開閉館時間は7:00~20:45です。

明日のブログは 立薗担任助手です。

お楽しみに!

 

↓↓要チェック!!


 

 

2018年 8月 19日 気になるあの人にインタビュー!(四方)

皆さんこんにちは!昨日今日と涼しい日が続いていますね。

寒暖差で体調を崩さないように体調管理をしっかりしてください!

センター模試まであと一週間ですが、目標点とれそうですか?

8月模試で点数が取れないと9月以降の第一志望の過去問演習のスタートがおくれてしまうので、絶対に目標点取ってください。

皆さんの益々の頑張りに期待しています、頑張ってください!

 

 

さて、今週のブログはフリーテーマということで、

私が個人的に気になるアノ人にインタビューをしていこうと思います!

アノ人とは、、、

 

高校三年生のS君です!^^

S君はなんとセンター過去問の週間演習数が142と、2位と大きく差をつけて堂々の1位を飾っています!

また、この間のスペイン語検定にも合格し、受験勉強だけではなく多方面で頑張っています^^

尊敬してしまいますね…!

 

早速インタビューをしてみましょう!

 

四方「頑張っている原動力はなんですか?」

S君「模試で結果を出すこと。自分を磨くこと。」

 

四方「8月の月間目標を教えてください!」

S君「模試で一位とる。」

 

四方「8月センター模試に向けて意気込みを教えてください!」

S君「努力通りの結果を出すなんてけち臭いことは考えずに、努力以上の結果を出す!!

 

四方「校舎の受験生にメッセージをお願いします!」

S君「全員がライバルなんで、誰にも負けません!」

 

S君、ありがとうございました!

S君のこれからの頑張りに期待です^^

皆さんも彼に負けないように頑張りましょう!!

 

夏休みももう半分もありません。

9月からはさらに勉強にあてられる時間が少なくなります。

今使える時間を最大限勉強にあてましょう。

また勉強の質にもこだわって学習内容をきちんと身に付けましょう!

 

頑張れ!

 

高田馬場校担任助手 四方

 

〜お知らせコーナー〜

本日の開閉館時間は7:00~18:45です。

明日のブログは 高橋担任助手です。

お楽しみに!

 

↓↓要チェック!!


 

 

2018年 8月 18日 フリーテーマ(鎌瀬)

おはようございます!

 

担任助手の鎌瀬です。最近かなりの頻度でブログを書いている気がします笑

 

(飽きた人すみません…)

 

今回は『フリーテーマ』ということで、

 

僕は夏以降の勉強について書きたいと思います。

 

さて、夏休みはもう終盤になっていますね。

 

自分に甘えてたるんでいませんか?自分のやりたいことはしっかりできていますか?

 

去年の僕は、この夏に一気につめることが重要だと思い、予定をしっかり立てて

 

勉強していた覚えがあります。夏以降は基本的に過去問を解かなければならないので、

 

しっかり基本を夏のうちに終わらせておく必要があります。

 

みなさんはしっかり基礎が固まるような計画を立てましたか?

 

合格設計図をしっかり書きましょう。一般に、勉強は積み重ねと言えるでしょう。

 

基本をおろそかにしては発展問題などできるはずがありません。

 

基本という土台があってこその発展です。

 

なので、まずはしっかり基本を固め8月センター試験本番レベル模試で点数を取ることを

 

目標に据えましょう。夏以降にスムーズに過去問演習に入るためにも、このことは

 

とても重要です!!

 

高田馬場校 担任助手 鎌瀬雄暉

 

〜お知らせコーナー〜

本日の開閉館時間は7:00~20:45です。

明日のブログは 四方担任助手です。

お楽しみに!

 

↓↓要チェック!!


 

 

2018年 8月 17日 志望校の探し方(坪田)

みなさんこんにちは!

久しぶりの登場です(笑)  担任助手3年の坪田です。

 

最近涼しいですね〜 またお盆休みで東京は人が少なくて静かですので、受験生のみなさんにとっては勉強しやすい時期だと思います。

8月26日のセンター試験本番レベル模試まで約10日! この夏の成果が出せるよう、気合いを入れて行きましょう。

 

さて、今日は「志望校の探し方」ということで…

①志望校を選ぶ際の基準

②そもそもなぜ志望校を探す必要があるのか

の2点についてお話します。

 

突然ですが、あなたは志望大学を選ぶ際、何を基準にしますか?

キャンパスの綺麗さですか? 伝統ですか? それともネームバリューですか?

↑こういう質問をされると、案外困る人もいるでしょう。

 

担任助手をしていると、よく高校生のみなさんに「どこの大学がおすすめですか?」という質問をされます。

もちろん、”受験”なので模試の成績を見ながらアドバイスするよう心がけていますが、

「大学」という環境に求めるものは人それぞれだと思います。

具体的な志望校までは見つからなくても、「自分は〇〇で大学を選びたい」という”軸”を明確化しておくべきです。

なぜなら軸を明確化し、あおれに合う大学に進むことで、「大学入学後の後悔」を防ぐことができるからです。

軸というのは、例えば上述したように

設備、伝統、ネームバリュー、偏差値、立地、研究内容、著名なOBOG、学生数、などなど。

 

極端な話、「キャンパスが最寄り駅から5分以内」という基準で志望校を探すのもありかもしれません。

ちなみに私の場合、ネームバリュー・伝統・アクセス の3点は大事にしていました。その結果、現在早稲田大学に通っています(笑)

大学生活は大方の場合4年〜6年というように長いです。そういった長い時間を過ごすわけですから、きちんとした評価軸をもっておくべきです。

とはいえ、直感的な志望校選びを否定するわけではありません。人によっては、「この大学になぜか惹かれた」というような運命的な志望校選びをする場合もあります。

その場合は無理やり理由づけをする必要はありません。

ただし、そういった直感的な志望校選びができる高校生というのも少数ですので。「志望校がまったく見つからない」という方は、今回紹介した「軸」の話を参考にしてみてください。

 

次に、②そもそもなぜ志望校を探す必要があるのか についてですが…

これ以上書くと長くなってしまうので、またの機会に述べようと思います!

気になる方は、校舎で直接聞きに来てください^-^

 

以上、今回はやや低学年(高1生・高2生)向けの記事でした。

とはいえ、現在受験生のみなさんも「なぜそこの大学にいきたいのか」というのは一旦考えてみるべきです。

考えてみて、やはり今の志望校のままでよければそのまま勉強するば良い。

「何か違うな」と思ったら、志望校を変えてみるのも良し。

志望校選びは高3の夏がラストチャンスだと思います。この機会を逃さず、秋以降は第1志望校の対策に専念できるようにしましょう!

 

高田馬場校 担任助手 坪田遼

 

〜お知らせコーナー〜

本日の開閉館時間は7:00~20:45です。

明日のブログは 鎌瀬担任助手です。

お楽しみに!

 

↓↓要チェック!!