試験当日の持ち物 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 11月 20日 試験当日の持ち物

こんにちは!担任助手の山本です!

今日は九大模試があります!

低学年の皆さんからすると記述模試なんて、まるで関係ないイベントのように感じられるかもしれませんが

記述形式の模試は

有名大本番レベル記述模試や、難関大本番レベル模試、などなど

多くの種類があり、レベルや対象大学の差はあれど、

ほとんどの生徒が受けることになると思うので楽しみにしておいてくださいね?

 

さてさて、記述模試の話を軽くしたところで

今日のテーマは「試験当日の持ち物」です!!

 

防衛大や防衛医大など、すでに試験が終わってしまった大学も出てきましたが、

センター試験が近づき、二次試験までも時間が無くなってきた今、

改めて試験当日に会場に持って行ったほうがいいものを確認していきたいと思います!!

まずは、受験票。当たり前ですよね。

忘れてもなんだかんだ、受けさせてはもらえるようですが、

手続きなどによりやたら時間がかかるうえに、精神的にもかなりやられてしまいます。。

 

次に、時計筆記用具です。まぁ、忘れたらアウトですよね。

僕がセンター試験を受けた時、同じ会場に運営スタッフから腕時計を借りている猛者がいましたが、

運営スタッフの人数にも限りがあると思うのであまりあてにはしないようにして下さい。

 

 ここからはあると便利シリーズです!

・甘いもの(チョコ、あめがおすすめ!)

休み時間に食べることでリラックスできるだけでなく、脳の糖分補給にもなります!

・ひざ掛け、上着、カイロ

 外は寒くても会場は暑い。外は寒くて会場も寒い。どちらも十分にあり得るので、自分で適温に持っていけるようにしましょう!

制服

何を着ていこうか迷うなら、これです。実際試験会場にも制服の人がほとんどでした。地図や英語が書いてある服を着ていくと、その場で脱ぐか裏返しで着ることになるので、制服が一番平和な気がします。

・現金

余分に持っていて悪いことはないです。乗り換えを間違えた時などのために。

・頭痛薬、下痢止め

突然の頭痛、腹痛は本当に大敵です。

僕は数学の試験中、頭痛がひどくて、左目からだけ涙が止まりませんでした。

・ティッシュ

机がぐらつく時には、こいつを折って、机の脚の下に挟みましょう

・いつも使っている勉強道具(参考書、ノートなど)

最後の確認をすることが出来ますし、なにより自分の努力量を再確認することで、自信をつけることが出来ます!

・お守り

人生を左右する大きな局面です。守ってもらいましょう。

 

備えあれば憂いなし。不安を少しでも減らし、全力を出し切るためにも

準備は大切にしましょう!!

 

 

**お知らせコーナー**

明日の開閉館時間は11:30~21:45です。

 

明日のブログは坪田担任助手です!

 

高田馬場校 担任助手 山本