新学年になる皆へ | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 11月 16日 新学年になる皆へ

こんにちは!担任助手の山﨑です^^

前々回のブログで読書の秋を宣言していたのですが、
ついに本を読みはじめました!

え?秋ももう終わりだって?
いやいや、そんなことはありません!

二十四節気に基づく節切りでは立冬の前日までが秋という定義らしいのでまだまだ秋ですよ!

……と思っていたら立冬は11月7日でした。もう暦の上では冬でしたね。
しかしながら私の秋の定義は紅葉が散るまでなので、

とりあえず紅葉が見れなくなるまでに本を読み切るというのを目標に頑張って行きたいと思います!

 

さて、今日のテーマは「新学年になる皆へ」です!

突然なんですが、先日「デザインの解剖展」という展覧会を観に行きました!

デザインの解剖って……なに?何か切り刻むの?と思った方もたくさんいらっしゃるでしょう

実はその通りなんです笑。
皆さんは、日常的に見たり使ったりしているアイテムがなぜそのような形をしているのか

デザインをしているのか考えたことはありますか?

 

当たり前の存在としている物たちには、実は素材や味覚、パッケージなど

製品が手に届くまでのあらゆる段階で企業による細かい工夫がされているんですね。

それを読み解いていき、製品の成り立ちを徹底して検証していくのがデザイン解剖なんです。

あまりにも長くなるのでこれ以上は割愛しますね笑。

 

私は当初全くデザインとかに興味がなくて、乗り気ではなかったのですが、行ってみて、

知らないことや興味深いところがたくさんあって、

デザインの世界って面白いんだな!!と思いました。

そして、今までそういってことへの食わず嫌いを後悔しました

 

もし、こういったことをもっと早く見ておけば、

もしかしたら、もしかしたら私はもっと別の分野に進学していたのかもしれないとまで思いました(笑)

 

私が感じたのは、

 

私たちが生きてきた、たった15~18年間の経験で

面白い、面白くないというのを決めてしまうのってとってももったいなくないですか?

 

本当はもっと面白いものがあるかもしれないのに、興味がないとつっぱねてしまって、

将来の夢も自分の狭い了見で決めてしまうのはとても悲しいことですよね。

 

私たちの寿命は約80年でそのうち私たちが一般的に働くといわれているのはその半分。

本当に人生の大半を費やすような将来の夢を

自分の少ない経験の中で決めてしまっていいのでしょうか?

 

興味がないなぁ…と思っても、自分の考えですべてを決めず、

少しチャレンジしてみると、もっと楽しい世界が広がっているかもしれません

 

身近なところでいうとそう…トップリーダーと学ぶワークショップなど!!

 安西先生のワークショップ締切間近ですよ~~~

ぜひぜひ参加してみてください。

 

**お知らせコーナー**

明日の開閉館時間は11:30~21:45です。

 

◆受験生LHR

11/18(金)20:00~

 

 

明日のブログは平野担任助手です!

 どんなお話をしてくれるのでしょうか^^

高田馬場校 担任助手 山﨑