低学年も正念場 (陳) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2020年 8月 3日 低学年も正念場 (陳)

 おはようございます!担任助手2年の陳です。大学の課題も1段落し、夏は自分がしたいことにとことん投資していきたいと思います。

 

 


すでに東進では夏休みが始まっており、朝8時から夜の20時半まで空いています。

 

 

この夏休みを1分でも多くを有効活用して、

 

 

月末にある模試で高得点が取れることを切に願っております。

 

 

さて、テーマは夏にやらなくて後悔したこと。

 

 


タイトルにもある通り、少し低学年向けの内容になります。

 

 


ほんとに夏休みは苦い思い出がありますね。

 

 

たくさん勉強したのに模試では結果を出せず志望校を下げるという苦渋の決断をした覚えがあります…

 

 


後々振り返ってみると、原因は科目ごとの時間配分でした。

 

 


夏休み前までに主要科目の基礎を固めることができず、

 

 

その基礎固めと演習で英語と数学に時間が取られ、

 

 

当時僕は国立志望だったのですが物理と化学が十分に勉強ができず、

 

 

夏が終わってしまいました。

 

 


何が言いたいかというと、

 

 

 

校舎にいる人には口酸っぱく言っていますが、

 

 

低学年で主要科目の基礎を固めないと

 

 

高3で基礎を固めなくてはならなくなり

 

 

どんどん計画が後手後手に回ってしまい、

 

 

思うよように受験勉強ができなくなってしまいます。

 

 

ほんとに低学年から勉強しておけば良かったと心底後悔しています。

 

 

来年受験なんだから、今の時期は遊ばせてくれ。っていう方ももちろんいると思います。

 

 

ずっと勉強して、とは言いません。

 

 

しかし、低学年で今東進で頑張って勉強している皆さんは

 

 

学校との両立を頑張ろうと思って東進に入学していると思うので、

 

 

東進生としての勉強をこの夏からしてください。

 

 

8月の模試で目標点がしっかり取れるか、相当大事です。

 

 

個々の点数で大体の進学大学が決まるといっても過言ではありません。

 

 

高3からいきなり本気で勉強するなんて、簡単ではありません

 

 

今のうちから最大効率で勉強することを意識してみてください。

 

 

そうすると高3の受験生になるスタートラインから猛スピードで演習を積み重ねることができます。

 

 

最後に低学年のみなさまに忠告です。

 

 

高3で基礎が固まらないで、高3の夏に基礎確認なんてしてる時間はみじんもありません。

 

 

精神的にもよくないです。

 

 

受験を経験している身としてアドバイスしていますが、

 

 

受験は自分の学力以外にも自分のメンタルとの戦いでもあります。

 

 

高3で精神的にも楽に受験勉強を始めるために

 

 

毎日コツコツ作戦で夏を過ごしてください。

 

 

これを見てくれている人で1人でも多くの人の心に響いていることを、心から願っております。

 

 


長くなってしまいましが、

 

 

この夏で文系の人は英語を、

 

 

理系の人は英語に加えて数学の基礎を是が非でも固める夏にしましょう。

 

 

 

 

担任助手2年 陳 景瀚

ブログ史上最大人数の担任助手と撮ってみました笑

なにか規則性があるかも?気づいた方は是非校舎に来て教えてくださいね。

 

今日の開館時間は 8:00~20:30 です。

 

 

明日のブログ担当者はこの高田馬場校数少ない理系担任助手のあの方!!

 

 

期待して待て!!