4月センター試験本番レベル模試について(大庭) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2018年 4月 20日 4月センター試験本番レベル模試について(大庭)

 

皆さんこんにちは、大庭です。

今日は1902年に日本初の女子野球大会が開催された日だそうです。

今は当たり前に行われていますが、その当時は革新的だったのでしょうね。

 

今年もなるべく今日は何の日コーナーを続けていきたいと思います!

 

ということで、今週のブログテーマは「センター試験本番レベル模試について」ですね。

一年生担任助手の皆さんが非常に大事なことをブログに書いていたので

是非読み返してみてください!

 

まず、皆さんに聞きたいことは、どのような気持ちで模試を受験しようとしていますか?

ということです。

これからセンター試験形式の模試は4月模試を含め、5回あります。

(4月、6月全国統一高校生テスト、8月、10月全国統一高校生テスト、最終12月です)

 

ですが、皆さんは8月の模試で、

センター本番で必要な点数を取る必要があります。

それはLHRなどで何度も言われてきたことですが、

9月以降はセンター試験に向けての学習ではなく、

二次・私大対策を行っていく必要があるためです。

 

センター試験というものは基礎・基本から標準レベルの問題が出題されます。

つまり、そのレベルの問題ができない限り、

前提として標準レベルができていることを要求される、

二次・私大の問題を解くことは難しいといえます。

 

だからこそ、8月のセンター試験本番レベル模試で目標点を突破する必要があります。

8月の模試で目標点を突破するということは、

皆さんがステップアップするために残された模試は

今回受けるセンター試験本番レベル模試

次回6/17の全国統一高校生テスト2回ということです。

 

ここまで読んできた皆さんなら、今回の模試が非常に重要なことを

再確認できたと思います。

 

まずは、4/22の模試を全力で受験し、復習もしっかりと行っていきましょう!

 

高田馬場校担任助手 大庭拓馬

〜お知らせコーナー〜

明日の開閉館時間は10:00~21:45です

明日のブログの担当は、大杉担任助手です!

模試前最後のブログですね。

乞うご期待!

 

↓↓要チェック!!