2学期の過ごし方⑤ | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 9月 9日 2学期の過ごし方⑤

 

こんにちは!門田です!

学校が始まって1週間ほどたち、普段通りの生活に戻りましたね。

夏休みとは違って平日に時間があまりとれないという声もよく聞きますが、

一方で学校が始まることでむしろ生活のリズムが一定になって集中力が上がってきている、

という声も最近聞きました。

何事もポジティブにとらえていくことが大切ですね!

 

さてさて、今日は2学期の「予定の立て方」について書いていこうと思います!

主に受験生向けの話で、今度のLHRでも少し話すのでその時にブログを読んで覚えている人がいたら嬉しいです!

 

東進の夏休みでは、受験生はセンター模試に向けてセンター試験の勉強を軸にして頑張ってきた人が多いと思います。

センターが終わり、9月からはついに「過去問演習・志望校対策」が本格的に始まります。

第一志望の過去問演習や大学対策講座をスタートして、中身のレベルの高さを感じている人も多いのではないでしょうか?

9月からの勉強の特徴としては、「量が多い」ことに加えて「難しい」⇒「1単位あたりにかかる時間が長い」ことがあります。

(「1単位あたり」というのは過去問ひとつとか受講ひとつとかという意味です)

 

今までの勉強に比べて1単位あたりにかかる時間が長くなるということは

細切れの時間を使って出来ることが限られてくるということであり、

一日の予定をしっかり決めないとやるべきことが物理的に終えられなくなってしまうということです。

 

そこで週間予定シートをたてるときや一日の予定を決める時におすすめなのが、

まず大きいもの=時間がかかるものから始める、予定に組み込む」ということです。

言われてみればなんてことはないことですが、これができないと時間がかかるものを終わらせられずに後手後手になってしまうケースがあります!

大きいものを消化してから残った細切れの時間を暗記モノや復習などに充てるのが賢いですね。

このような予定の立て方ができると過去問や答練など時間がかかるものをどんどん進めていけるので、

いつまでたっても終わらない!という状況に陥ることはなくなるはずです。

 

みなさん大きなスパンの予定、合格設計図はそろそろ立てている時期だと思いますが、

さらにそこから実行段階に落とし込む短期計画の立て方をこんな感じで工夫してみてください。

担任助手もみんな計画の立て方は工夫をしていたはずなので、何か困ったことがあれば相談してくださいね!

 

*お知らせコーナー*

 

明日の開館時間は10:00~21:45です。

1限 9:00~10:30

2限 10:45~12:15

3限 13:00~14:30

4限 14:45~16:15

5限 16:30~18:00

6限 18:15~19:45

7限 20:00~21:30

明日のブログは加賀山担任助手です。

お楽しみに! 

 

高田馬場校 担任助手 門田

 

***************