2学期の過ごし方① | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 9月 5日 2学期の過ごし方①

こんにちは! 担任助手の坪田です。

山から下界に帰ってきました(笑)

 

そろそろ夏休みが終わって一週間が経過しますね。

通常通りの生活に戻りましたが、みなさん調子はいかがでしょうか?

「早寝・早起き」や「計画立て」,「移動は素早く」といった

夏休みの「良い習慣」はこれからも維持していきたいですね

 

ちなみに大学は夏休みが通常9月後半まで、大学によっては10月半ばまであります! (高校生のみなさんよりもだいぶ長いのです)

そのため私もまだ夏休みを謳歌中^-^

冒頭でもちらっと紹介しましたが、私は所属する山登りサークルの合宿で、

先週の木曜から昨日にかけて3泊4日で富山県にある

剱岳(つるぎだけ と読みます!)と立山に登ってきました。

人気が高い山でその分岩場・くさり場などの難所が多く大変でしたが、

充実した4日間を過ごすことができました。

写真はこのような感じです。ゴツゴツしててかっこいいですよね?

 

剱岳は標高が2999メートル、立山は3015メートルあるのですが、

より高いところに行くことによって、下界にいるだけでは得られない「幅広い視野」が身につくのではないかと思ってます(笑)

山登りに関しての質問もどんどんしてください!

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

今週のテーマは「2学期の過ごし方」。

 

最近は受験生を対象としたブログが多いので、

今日は低学年(高校2年生以下)のみなさんに向けたアドバイスを書こうと思います。

 

低学年のこの時期といえば、文化祭や部活の新人戦でとても忙しい時期ですよね。

特に部活動では3年生が引退して新たに部長やマネージャーを任された人もいるのではないでしょうか。

平日は毎日夜8時過ぎまで部活があったり、日曜でも文化祭の準備あったり…

「忙しすぎてまとまった勉強時間がとれない」という人が多いはず。

そんな人に意識してほしいのは毎日少しでもいいから勉強するということです

勉強時間がゼロの日を作ってはいけないということですね。

 

英語が苦手な人は、例えば寝る前の30分で英単語1800を2ステージ進めたり、

英語の長文を音読したり..

英語の得点を伸ばすコツは主に

①   毎日英語の問題を解くこと

②   音読

だと思います。

どんなに忙しくても、1日30分は確保できるのではないでしょうか。

(寝る前についついSNSや動画サイトに時間を費やしている人が多いですよね)

1日たったの30分でも、1ヶ月続ければ約15時間、3ヶ月で約45時間

勉強をまったくやっていない人に対して3ヶ月で45時間の差をつけられるのです!!

 

高2のみなさんはあと数ヶ月で受験生になりますが、

受験生は勉強して当たり前です。

また、低学年のこの時期が忙しいのも皆同じ。

受験生になってから周りと差をつけるのは難しいため、

条件が皆同じな中で、どれだけ周りと差がつけられるかがポイントになってきます。

 

低学年のみなさんは10月以降、選択科目の学習も本格化しますね。

例えば日本史は、通史を一通り受講するだけでも80コマ近くあります…

理系の人も物理や化学を他教科とバランス良く受講していくのは至難の技。

選択科目をスムーズに進めるためにも、英語や数学といった主要科目の基礎は完成させないといけません。

そのため9月こそ勝負の月

8月のセンター試験本番レベル模試でわかった苦手分野を中心に、

 主要科目の弱点を徹底的に潰していきましょう!

 

*お知らせコーナー*

 

明日の開館時間は11;30~21:45です。

9月は通常時間割です!!

時間を間違えないよう気を付けましょう!

1限 9:00~10:30

2限 10:45~12:15

3限 13:00~14:30

4限 14:45~16:15

5限 16:30~18:00

6限 18:15~19:45

7限 20:00~21:30

明日のブログは中山担任助手です。

お楽しみに! 

 

高田馬場校 担任助手 坪田遼

 

***************