国立入試1日目を終えた皆さんへ(松本) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2018年 2月 25日 国立入試1日目を終えた皆さんへ(松本)

 
 
こんにちは
担任助手1年の松本です。
 
今日は2月25日
 
国立大学2次試験1日目でしたね。
 
ちなみに私は一橋大学の応援に行ってきました!! 
 
 
↑一橋大学です。試験が始まってから撮ったので閑散としていますが…
 
(応援は国立駅の改札を出てすぐのところにいますので今日会えなかった人は明日!) 
 
 
 
今日のブログはそんな国立入試1日目を終えた皆さん向けて書きます。
 

 
 
まずは1日目、本当にお疲れ様でした!!
 
 
会場に向かうみんなはとても頼もしくて…
本当に今日までよく頑張ってきたね…と涙脆い私は朝から涙腺が崩壊しそうでした。
 
1日目はどうだったでしょうか…??
 
と、聞きたいところですが、
 
今は振り返るな!
 
です。本当に。今は、振り返る時じゃありません。
まだ、明日があります。
 
今日上手くいかなかった人。諦めるのはまだ早い。明日があります。
今日なんだか上手くいった人。油断は禁物です。明日があります。
 
今日の反省、失敗したこと、色々あるとは思いますが、
今は明日の残りの試験のことだけを考えてください。
ネガティブなことは考えずに、ただ明日の試験のことだけを考えてください。
 
 
そして今日がどんな感触であろうと、明日の受験が残っている皆に共通して言いたいのは
 
1点でも多く取る
 
という気持ちを貪欲に持ち続けてほしい、ということです。
 
 
少しだけ私の話をします。
去年、東京大学を受験しました。
正直センター試験はボロボロで足切り得点ギリギリと言っても過言ではありませんでした。
それでも、2次試験で絶対に巻き返せると信じて2月25日まで勉強を続けました。
その結果、合格は出来ませんでしたが
いくつもの科目で自己ベストを更新できました。
合格に足りなかった点数は本当にほんの数点でした。
 
なにが言いたいのかというと…
国立大学では、センター試験と2次試験の合計点数で合格が決まる大学がほとんどです。
つまり、いくらセンター試験の結果が悪かったとしても、この2日間で巻き返せるチャンスはいくらでもあります。
だからこそ、最後まで、1点でも多く、可能な限り、掴んできてください。
自分にできる最大限のことをしてきて下さい。
 
 
試験時間はほんの2時間くらいですよね。
勉強してきた何千時間、何百日に比べると、
2時間なんてあっという間です。
たったそれだけの試験で結果は決まってしまいます。
明日の試験で本当に終わりです。
長い長い受験生活のラストスパート。
最後の1分1秒まで
全力で戦ってきてください!!!
 
 
みんなが笑顔で高田馬場校に戻ってくるのを
担任助手一同、待っています。
 
 
頑張れ
受験生!!!!!
 
 
高田馬場校 担任助手 松本莉央

 

〜お知らせコーナー〜

明日の開閉館時間は11:30~2Ⅰ:45です。

 

明日のブログ担当者は

岩崎担任助手です。

 

↓↓要チェック!!