受験生グループ面談紹介☆第5弾 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2015年 12月 11日 受験生グループ面談紹介☆第5弾

こんにちは!担任助手の鈴木です!

 
今日は朝めちゃめちゃ雨降ってましたね…。
昼からはあんなに晴れていたというのに笑
 

体調管理に気をつけましょう!

 
さて、今日も受験生のグループミーティングを紹介したいと思います!
 
 
一つ目は、その名も“HARUKA”です。
まあ、僕の下の名前なんですけどね。
 
このグループは主に国立理系志望の生徒が集まっています。
 
グループ長のF君が「こんなことやったらどうですか?」みたいに、
とても主体的に動いてくれたのが印象的です。
 
グループ内には推薦入試などの少し特殊な受験をする生徒もいて、
先に受験を経験した立場としてみんなにアドバイスしてくれたりもしました。
 
 
二つ目は、“体育会系理系男子”です。
こちらのグループも、グループ長のH君存在が大きかったですね。
 
初期の頃はグループ長会議も休みがちだったのですが、
途中からはちゃんと出席してくれるようになり、
グループのメンバーに会議の内容を伝えてくれるようになりました。
 
夏休みには在校時間ランキングで常に上位に入るようになりました。
 
メンバー間でも、例えば高速暗記をどうしたら進められるかといった議題についてみんなで話し合い、今まであまり進まなかった生徒が他の生徒のアドバイスのおかげでクリアすることができた、というようなこともありました。
 
1月1日、2日に行われる正月特訓にも2名の生徒が参加するので、これからの伸びにも期待大ですね!
 
彼らの担当としてここまで一緒にやってきたことで、僕自身も成長することができたのではないかと思っています。
 
 
受験生にとって、とうとう大詰めの時期になりますね。
 
実際に、僕もこれからの時期が一番辛かったです。
 
と同時に「周りの人のありがたさ」を感じた時期でもありました。
 
会ったらちょっと話せる友達、自分のことを気にかけ、声をかけてくれる周りの大人の存在は、何物にも代え難いのではないでしょうか。
 
辛いのはみんな一緒です!
 
そんな時こそ、助け合いの精神で、仲間と一緒に駆け抜けましょう!!
 
高田馬場校 担任助手 鈴木
 
*********************************