9月以降の過ごし方(蛯名) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 8月 28日 9月以降の過ごし方(蛯名)

こんにちは!
担任助手の蛯名です!


昨日は模試お疲れさまでした!

成長を感じることができたでしょうか?

 

圧倒的に成長できた!という人、
きっとその夏休みはある正解を提示してくれたはずです。

これからも己の道を突き進んでください!期待してます!

 

いまいち成長できなかった、という人、
この夏休みを反面教師にしてください。

その夏休みは何かしらの不正解を与えてくれたはずです!

次こそは必ず正解を自分の手で見つけ出してください。

 

皆さん、模試が終わりそれぞれのやるべきことを探っていると思いますが、

模試後は以下の3点に注意して模試を見返すととても有効ですよ!

(あくまで僕の持論ですが)

 

①どのように(How)問題を解けば良かったのか
②何を(What)その問題から学べるのか
③なぜ(Why)自分はその問題ができなかった(できた)のか

 

 

さて、前置きが長くなりましたが
今週のテーマに参りましょう\(^o^)/


今週のテーマは


「9月以降の過ごし方」


です(^^)

 

まずは受験生の皆さん、

具体的な内容(答案練習の進め方、二次過去問の進め方etc…)については今後も説明があると思いますので、まずはどのような心意気をもっておけば良いか伝えたいと思います!それは

 

目の前にある問題に真剣に向き合う

 

これに尽きます。

今までは勉強は「量」だと言われ続けたと思いますが、

これからは量を確保しただけでは絶対に成長しません。

 

目の前の問題を徹底的に研究するのです。

 

研究機関たる大学に数ヶ月後に所属するにあたり、

これはとてもいいイントロダクションになると思います。

というより、それをすることを大学側は要求していると僕は考えています。

 

是非、この事を頭に入れて学習を進めていって欲しいです。

 

そして、高2生の皆さん。

もう点数が悪くても笑っていられる時期ではなくなってきましたよ。

点数が悪かったらそれは深刻なことだと思ってください。

(悪いと判断される水準は自分で考えて下さい。少なくとも、この時期ならセンター英語は120点を超えていなければまずいと僕は思いますが、)

もう部活が忙しいだとか、文化祭が忙しいだとか言い訳している時期じゃありません。

甘い考えは必ず悲惨な結果を生むことになります。

軌道修正が間に合わなくなる前に真剣に受験を視野に入れた方がいいと思います。

9月からすぐ、始めましょう。

懸命な判断を祈ります。

 

高田馬場校担任助手 蛯名

**お知らせコーナー**
 
明日の開館時間は7:00~20:30です。
 
明日のブログの担当は坪田担任助手です!!
 
乞うご期待!!! 
 
↓↓要チェック!!!