難関有名大模試に向けて① | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 5月 9日 難関有名大模試に向けて①

 

 

 

 こんにちは!!
担任助手の中山です!

 

GWが終わっていつも通りの生活が始まりましたね~。
定期テストもそろそろ近づいていますよね!
一回一回の授業を真剣に聞いて、その日のうちに復習をする!ということを心がけていきましょう(^_^)

 

さて、今週は
難関有名大模試に向けて
というテーマで書いていきます!!

いよいよ今週末には
難関有名大模試がありますね~!

これは記号で回答するセンター試験本番レベルと違い、
私大入試や国立大学の二次試験のように記述で回答するタイプの模試です!

どうやって対策するの?
どうやって書けばいいの?

と思っている生徒も多いと思います。

今日は社会と国語に限って、私がやっていた記述対策の話をさせていただきます!
まだまだ1週間でやれることがあるので、参考にしてください。

・社会
地名や人物名、事件の名前や道具の名前など
読めるけど書けないことがよくあります。

特に漢字は難しい語ばかり練習しがちですが
意外と本番では
「阿部と安部…どっちだっけ!!?」
となったりすることが多いです。

曖昧に覚えてるなーと思っているところや、実際にあまり書いたことない語句は
自信を持てるまで書いて書いて覚えていきましょう。

・国語
国語の記述問題でいきなり
何十字以内で書きなさい。と言われたときには
全然書き方わからない!!
と焦ると思います。

誰でも焦ります。

焦りますが、適当に書くのはやめてください。

精いっぱい理由や根拠を探して、これなら自分でも納得!と思えるまで考えて書いてみてください。

そのあと解答解説を見て、解き方を学べば大丈夫です。

センター試験の過去問を解くときにも
重要そうなところに線を引いたり
その答えを選んだ根拠を明確にすること心がけることも
記述対策につながります。

実際記述するときにもそういったことを考えて記述するからです。

 

まだ社会終わってないしなーとか
何十字も書く練習してないしなーとか思いながら受けても
全く意味がありません!!

いま自分ができることすべてやり切って、
模試に挑んでくださいね!!

 

高田馬場校 担任助手 中山

**********************

 

 

*私立*

 

 

*国立*