難関有名大本番レベル模試!☆ | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 9月 22日 難関有名大本番レベル模試!☆

 

ここ最近嘘みたいに寒くて困っちゃいますね(>_<)

私の中で9月はまだ夏なのですが…(笑)

それでも絶対風邪菌には負けない2年の田島です!

こんにちは!

(平野担任助手、お大事に!♡)

 

皆さんも、

寒いし疲れるし元気が出ない~、、、

って時にはぜひ校舎の受付へ!

田島は年中365日いつでも元気です!(^^)!

みんなにパワーを与えたいと思います!(うざい)

 

 

さて、そろそろ本題へ

昨日平野担任助手にハードルを上げられて書きにくいですが

頑張って書きます!(笑)

 

これまで『記述模試への取り組み方』というテーマでお送りしてきましたが

(↓ 過去ブログはこちらをcheck!!)

 記述模試への取り組み方①門田

記述模試への取り組み方②鈴木

記述模試への取り組み方③平野

 

ついに今日は

難関・有名大本番レベル模試 当日

でしたね!

校舎で受験したみなさん、長い時間お疲れ様でした(*^_^*)

出来は、いかがだったでしょうか?

 

普段のマーク模試とは違い、考える量や手を動かす量が多いですから

きっとかなり疲れていると思います。

今日はゆっくり休んでほしいですが、

その前に!!!

模試受験当日だからこそ

今日のうちにやってほしいことを3つお伝えします!!

 

じゃん!

その1.行動を振り返る

その2.感情を振り返る

その3.解答を振り返る

 

まずは今日1日の行動を振り返りましょう。

もちろん、朝起きたところからです。

□自分の第一解答科目がはじまるまでどのように過ごしたか

□各休み時間は勉強できたのか疲れて寝ていたのか

□はたまた友達と喋っていたのか

□試験が終わって今このブログを読むまでに何をしたのか

 

模試は試験時間中だけではありません。

模擬試験ですから、今日一日が試験本番だったとしてよく振り返ってみてください。

 

 

次に、今日1日、特に試験最中の感情を振り返りましょう。

集中が切れて眠くなってしまったり

わからなくて諦めてしまったり

逆に必死に粘って解答が浮かんだり

試験が終わった今だからこそ覚えている様々な感情を

問題用紙などに記録しておくのです。

どうしてその答えを書いたのかということも大事です!

復習するときに大いに役立ちます!

 

入試本番は自分の感情のコントロールも大切になりますから

しっかり振り返ってみてくださいね(^o^)

 

 

そして最後に、受付でもらった解答解説冊子に目を通し

自分の解答を振り返りましょう。

もちろん記述模試ですから、答えの正誤は自分では簡単に判断できませんが

問題を解いたばかりの今、確認する意味は十分にあると思います。

 

逆に言えば、

細かい復習などは自分の解答用紙と成績が返却されてからで良いんです!

ざっと目を通す程度で構いませんから、

さあ!!目の前に解答解説冊子を出して振り返ってみましょう!

 

 

振り返りをするときに3つに共通する大切なことは

必ず良かったことも振り返る

ということです。

良かった点・反省すべき点

それぞれ整理して次につなげていきましょうね( ..)φメモメモ

 

(振り返ってみました~笑)

 

**校舎からのお知らせ**

全国統一高校生テストまであと約1か月!!

校舎に通う皆さんは全員受験です!

まだ申し込んでいない人は受付まで(^^)/

 

明日の担当は大庭担任助手!

記述模試の復習の仕方などを

いつもの彼の切れ味を活かして語ってくれるでしょう!

お楽しみに~

 

高田馬場校 担任助手 田島有理子

***************