難関大・有名大本番レベル記述模試(田島) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 11月 23日 難関大・有名大本番レベル記述模試(田島)

 
こんにちは!ついこないだも登場しました!
 
おとといくらいにインフルエンザの予防接種を受けてきたのですが
想像以上に腫れてしまって痛くて困っている担任助手3年の田島です(>_<)
 
 
担任助手はこの時期になると
生徒に万が一うつさないようにと
必ず予防接種を受けなければならないのですが
 
やっぱりこの歳になっても注射は苦手ですね(/_;)
 
もともと風邪とかインフルエンザとか
あまりかからないタイプなのですが
今年も予防注射を経て、田島は無敵になりました!!!
 
 
ということで、毎日寒いですが
この冬もアツく元気に乗り切っていきたいと思います!
 
 
みなさんも、特に受験生は
体調管理、予防接種、しましょうね(^○^)
 
 
 
さて、今日は
難関・有名大本番レベル記述模試
でした!
 
受験した皆さん、お疲れ様でした!
 
 
 
模試の当日にこのブログを読んでくれたあなたに!
 
伝えたいことといえば!
 
もちろん!!
今日は疲れたと思うので家に帰ってゆっくり休んでください(*^_^*)
 
ではなく!!
 
今すぐ家に帰って机に座って模試の振りかえりをしよう!
 
 
スパルタ・・・
というわけではなく、
受験直後の今!振り返るのが一番効率が良いからです。
 
 
気を付けてほしいことは、
解答解説をじっくり読んで
参考書や教科書なんかも開いて
丁寧に復習を開始せよ!
と言っているわけではないです。
 
記述模試ですし、それはあとからでも大丈夫。
 
そうではなくて、
今日一日の振り返り
をしてください!
 
 
・朝何時に起きたのか
・朝ごはんは何をどれくらい食べたのか
・会場まで向かう時のコンディションはどうだったか
・各科目の集中具合はどうだったのか
・お昼は何を食べたのか
などなど…
 
 
今日でしか出来ない振り返りを今すぐに実施してください。
 
 
 
模試は模擬試験
目的は現在の学力を図るだけではありません
 
実際の本番の試験を想定して
朝起きた瞬間
もっと言えば前日の朝起きた瞬間から
時間を過ごしてほしいんです。
 
そして、
・行きの電車を間違えてしまった
・午後眠くなってしまった
・集中力が続かなかった
・休み時間に思うように勉強できなかった
・試験中おなかが痛くなってしまった
など、反省すべきところはせひ本番の試験に活かしてください。
 
人間ですから眠くなったり集中が続かないのは当たり前です。
 
でも、それに対してどう対応していくのか
それを考え実践していくのも模試を受ける意味の1つだと思います。
本番になればアドレナリンでどうにかなる
 
 
 
なりませんよ。
 
 
11月も後半、受験生は試験本番がやってきた人もいますね。
 
緊張状態で最高のパフォーマンスを発揮するために
残された数少ない模試を最大限に活用していきましょう!!
 
この時期に模試を受ける意味
考えてくださいね。
 
 
 
もちろん、この振り返りができた人は
 
各科目の所感から振り返り
解答解説を読んでじっくり分析・復習を進めてください!
 
きっと明日以降のブログで
詳しく書いてくれると思います( ˘ω˘ )
 
 

 
(振り返ってみました!笑)
 
 
それではまた!!
 
 
高田馬場校 担任助手 田島有理子
 

**お知らせコーナー* 

明日の開館時間は11:30~21:45です!

ブログは岡野担任助手にバトンタッチ!

ミステリアスな彼は何を語ってくれるのでしょうか!

 

お楽しみに!


↓↓要チェック!!