過去問の取り組み方 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2015年 9月 9日 過去問の取り組み方

 こんにちは!担任助手の田島です(^O^)

 

台風、すごいですね….

皆さん大丈夫ですか?!

私は今日までフラダンスの合宿で山梨の山奥に行っていたのですが

暴風雨が本当に滝のようでした((+_+))

こんな天気ですが、外に出られない分

自宅でもしっかり勉強を進めましょう!!

 

 

さて、今週は過去問をテーマにお送りしていますが

今日は私から皆さんに具体的な取り組み方についてお話ししたいと思います☆

 

これまで色々話してきましたが

やはり過去問は復習が大切!

復習をいかに工夫して充実させられるかで全然違います!

 

10年分取り組むなら、ただこなすのではなく

やはり1年1年小さな成長をしていきたいですよね。

私はそのために去年、問題を解いたらすぐにその感想

例えば解いているときに感じたことや 時間配分など….

解いた直後だからこそのコメントをまとめて書いていました。

 

そして解答が返ってきたら間違えたポイントをまとめ

自分の解答の傾向を掴みました。

 

これらを後に見返してから次の年の過去問に取り組むことで

前回の反省を生かして演習をすることが出来ます!

 

また自分の言葉で感想を書いていったことで

よりその年の問題がどのような問題でどこが難しいと感じたか

明確に思い出せました。

 

私はこのまとめたノートを国立二次の当日も持っていき

試験直前まで見返して自分が取り組んだ演習で得たこと

ぎりぎりまで詰めていました!(^^)!

すごく力になりましたよ!

 

 

今日お話しした以外にも

科目ごとにノートを作ったり

工夫の仕方は様々だと思うので

一回一回の演習を大切にいろいろ試しながら取り組んでいきましょう!

 

 

高田馬場校 担任助手 田島

 

***********************************