記述模試の対策&活用法(加賀山) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 5月 15日 記述模試の対策&活用法(加賀山)

 

こんにちは!担任助手の加賀山です!!

 

昨日更新し忘れました…。大変申し訳ございません。

昨日は母の日でした。みなさんは感謝の気持ち伝えられたでしょうか?

 

高校生で感謝の気持ちをしっかり言える人は中々いないと思います!

忘れてしまった人は今日言ってあげて下さいね!!

 

さて、本題の「記述模試の活用方法」にうつりましょう。

 

記述模試を受けてみてどうでしたか?

 

難しかったですよね…。

特に英語は初めての形式の問題もあったと思います。

全体的に単語のレベルも高く、長文問題は読みづらかったですよね。

 

では僕なりの復習方法を羅列していきます!

参考にしていただけたら幸いです。

 

まずは英語

1,2は難しい長文問題です。おそらくゆっくり読んだところで読めるものとは限りません。

 

問題の解答できた出来ていないにかかわらず、ゆっくり解答を見ながら一度読む。

そして次の日もう一度読む。

 

たったこれだけ。あまり時間をかけすぎても仕方がないので、この程度で大丈夫だと思います。

 

次に数学

数学は典型問題を少しいじったような問題が多いです。


演習を普段からしている人なら見たことがあった問題も多かったのではないでしょうか??

 

数学は一度解き直してから、一週間後また解けるかどうか確認することが大切です!!

一週間たっても解けない場合は…

①その分野の基礎問題から出来ていない。

②応用力がない。

 

のどちらかです。

①の人は落ち着いて基礎からやりなおすべきです。計算演習の基本編からやり直しましょう!

②の人は今回の記述模試レベルの問題を解く習慣をつけていきましょう!

 

 

国語は自分は解いたことがないので他の担任助手から聴いて下さい。

という感じです!

 

最後に…

結果が出ても出なくても一喜一憂せずに

自分の今やるべきものにしっかり集中して努力していくことが一番です!!

 

昨日よりも一分でも多く勉強して頑張っていきましょう!!!

 

 

高田馬場校担任助手 加賀山雄一

 

**お知らせコーナー**

開閉館時間は11:30~21:45です!

次回のブログは、、岩崎担任助手です!

 新テーマです!!お楽しみに!

 

↓↓要チェック!!!