言葉の選び方でこんなにも変わる! | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 11月 15日 言葉の選び方でこんなにも変わる!

 
こんにちは!
担任助手の中山です。
 
 
すっかり寒くなってもう冬!って感じですね。
今朝、千葉大の紅葉がとてもきれいだったので
写真を撮りました^^
 
 
 
あまり伝わらないかもしれない・・・(笑)
 春は桜が満開で素敵なんですよ~!
 
 
 
 
さて。いきなりですが、
 
 
『生存率90%の手術A』
 
 
 
『死亡率10%の手術B』
 
 
 
みなさんは、どちらの手術を受けますか?
 
 
 
 
 
 
 
…何言ってるんだ、どっちも同じこと言ってるじゃん!
 
と多くの人が思ったかもしれませんが(笑)
 
 
直感的に、手術Aを選んでしまいますよね。
 
 
 
Aでは生存というポジティブなワードが印象に残り、
Bでは死亡というネガティブなワードが印象に残ってしまうんですね。
 
 
このように、言語の表現の違いが読み手に与える影響を
フレーミング効果といいます。
 
 
なぜ、こんな話をしたかと言うと。
 
 
 
センター試験まで残り60日!だからです!
 
 
 
この60日をどう捉えるかで行動・態度・意識が変わってくると思います。
 
 
 

A『センターまであと2ヵ月しかない』

 

B『センターまで60日もあるし冬休みもある。あれ、40日間の夏休みより長い!』

 

AよりもBの方が、全力で試験日まで勉強できる気がしませんか?

諦めの気持ちがあると少なからず行動に出てしまいます。

物事の捉え方を変えてみて、モチベーションを上げていきましょう!

 

**お知らせコーナー**

明日の開閉館時間は11:30~21:45です。

 

◆受験生LHR

11/14(月)20:00~

11/18(金)20:00~

 

 

明日のブログは山﨑担任助手です!

 

高田馬場校 担任助手 中山