苦手克服方法!現代文!! | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2015年 9月 28日 苦手克服方法!現代文!!

こんにちは!担任助手の鶴巻です!

今週は「苦手科目の克服方法」というテーマということで

私が中学受験の時からずっと苦手意識をもち続けていた現代文の苦手克服方法についてお話ししたいと思います!

『現代文』

担任助手をやっていてたまに、現代文って勉強する科目なんですか?と言う生徒もいますが、

元々感覚で出来るという人も多くいると思います。

しかし、苦手としている人にとっては、現代文は暗記教科でもなく型にはまった問題がでるわけでもなく、勉強方法を見つけるのにとても苦労する教科ではないでしょうか?

私も実際、直前期まで一番伸びなかった教科が現代文でした、、

現代文はそのまま読んで解こうと思って解けるものではありません

そこで、毎回文章を読む中で、接続詞やキーワードに丸をつけながら読んでいきます。

 

接続詞の場合、例えば「しかし」であれば、しかしの後ろには作者の最も言いたいことが書かれてるはずです。なぜ作者の意見と分かるかと言うと、わざわざ「しかし」を使ってまで意見をしているからです。

 

キーワードの場合、後で穴埋め問題で出てくる可能性が高いというのと、同じようなキーワードを見つければ同じような内容を話していることが多いので、問題で言い換えとかがでてきた場合にも対応しやすくなると思います。
キーワードの本などで、このキーワードが出てきたらこのような内容の文章が多いという型を覚えておくのも一つの手であると思います。

そして、苦手としている教科は忌避しがちですが、毎日いろんな大学の過去問の現代文を二つずつ解くようにして、いろんな型の問題になれるようにしました!

私の場合、語彙能力が低かったので現代文が苦手だったと思います。

語彙能力を増やす方法としては、毎回文章を読んで、知らない単語や熟語があったら、ノートに書き留めておいて暇な時間に覚えていました!

沢山の語彙に触れるためにも、沢山の文章に触れておくことをオススメします!!(°0°)

頑張って苦手克服していきましょう!!

高田馬場 担任助手 鶴巻

***********************************