自分の大学学部を志した理由(坪田) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 9月 10日 自分の大学学部を志した理由(坪田)

こんにちは! 担任助手の坪田です。

 

今週のテーマは「自分の大学学部を志望した理由」ということで…

私は今早稲田大学 政治経済学部 政治学科に所属しています。

学部学科名だけ聞くと、「政治」やら「経済」やら出てきてなんだか堅苦しいですよね(笑)

 

「私の所属する学部学科がどういうところなのか」については、以前のブログに書きました。覚えているでしょうか?

担任助手の学部紹介~政治経済学部編~(坪田)

政治経済学部について紹介しているので、是非ご覧ください!

 

さて、本題に入ります。今日は自問自答形式で書いていきますね(笑)

①まず、なぜ早稲田大学を志したのか?

やはり私大のトップのということで、在学生や卒業生・教授のレベルの高さは大きな魅力でした。

特に私は小学生時代から政治に興味があり、かつて「早稲田の政治」といわれるくらい政治に関しては名門だったからというのが進学先決定の決め手でしたね。

キャンパスが自宅から徒歩圏内にあること・建物の改修工事が進んでいて気持ちよく学生生活を送れる、ということも理由でした!

ここは現実的な理由ですね(笑)

「実際に学生生活を送る」ということを考えたとき、キャンパスの立地や綺麗さも大事だと思います!

 

 

②では、なぜ政治経済学部を選んだのでしょうか?

受験生時代は「まず学部学科を選び、大学については合格後に決めよう」と思っていました。書く順番を逆にしてしまいましたね(笑) すみません。。。

政治経済学部を選んだ理由ですが、先ほども述べたように幼いころから政治に興味があったため、将来も政治(どちらかというと国内政治)に携わろうと思い、この学部を志しました。

実際に日本の政治の中枢で働く、となると(たとえば国家公務員や国会議員)、政治や経済に関する知識は必須となります。

それらの知識を得るために政治経済学部を目指したというのが一つ目の理由。

もう一つの理由は、上記の知識を得る過程で、たくさんの同志に出会うことも目的でしたね。

「同志」というとまた変な印象になってしまうかもしれないですが。

 

ようするに、政治経済学部に入れば「将来、日本を動かしていきたい」といったような共通したビジョンを持った仲間を見つけることができるだろう、という期待がありました。

実際、在学してみるとそういった熱い想いを持った同級生がたくさんいます!

大学生活って、教授の話を聞いたり、キャンパスで過ごす時間以上に同級生や先輩後輩と過ごす時間が多いです。

これから志望校を決めるみなさんは、

その学部学科で学べる学問だけでなく得られる仲間・雰囲気も基準にしてみてみると良いです!

 

 

以上、「私の大学学部を志した理由」でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

高田馬場校 担任助手 坪田遼

 

**お知らせコーナー**
 
明日の開館時間は11:30~21:45です。
 
↓受験生は要受験!↓
難関大・有名大本番レベル模試:9/23(祝)
 
明日のブログの担当は大庭担任助手です!!
 
乞うご期待!!!
 
↓↓要チェック!!!