緊張のほぐし方(大庭) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2018年 1月 29日 緊張のほぐし方(大庭)

 

皆さんこんにちは、大庭です。

 
今年こそは阪神タイガースが優勝すると思ってます。
今年も月一ペースで観戦に行きたいですね。
これ以上は流石にムリですけどね…
 
ちなみに今日は1891年に、ハワイ王国
リリウオカラニが即位した日だそうです。
この人は最後のハワイ王ですね。たまに試験でも出てきますよ。
 
 
ということで、今日は緊張のほぐし方について書きます!
 
もうすでに私大の試験が始まっていますが
緊張して眠れないとか、
気が動転していると
思っている人はいませんか?
 
 
まず、緊張しているのは自分だけではないということを
思い出しましょう。
 
全く緊張しない、という人はほとんどいないのではないでしょうか。
 
特に、第一志望校の時は力が入ることも多いと思います。
 
そんな中で、
前後に座っている人、右隣の人、みんなが緊張しています。
ですから、自分だけではなく、
みんな緊張していると思えば大丈夫です。
 
そもそも、適度な緊張は良いパフォーマンスを出すことができるので、
そんなに問題ではありません。
 
それ以上の緊張は、過度な緊張となってしまい
パフォーマンスを逆に下げてしまいます。
 
その際に、緊張を少しでも和らげる方法を何点か挙げます。
 
まず、身体の緊張をほぐすためには
身体全体を使ってほぐすことが大事です。
(手に人、と書くのはおまじないレベルです)
 
例えば、イスに座ったまま身体を伸ばしたり、
立ち上がって身体を曲げたりしましょう。
 
もしくは休み時間中に少し歩いたり。
 
座ったままだとの巡りが悪くなるので、オススメです。
 
 
もうひとつは、ゆっくり呼吸をしようということです。
深呼吸は、あまり深くやりすぎると逆効果になるようです。
 
ここで重要になるのは、吐く方をしっかりやるということです。
息を吐ききって、ゆっくり吸っていくんですね。
 
吐く方を優位にしていけば、
副交感神経を活発化することができます。
 
あとは、口角を上げることです。
作り笑いでもよいので、口角を上げてみましょう。
四方担任助手も言っていましたが、笑顔大切!!
 
 
こんな感じでしょうか。
ちなみに僕は、試験前の5分間くらいは椅子坐禅をしてました(笑)
 
(今思えば気持ちが悪いですね、
どんなものかはネットで検索してみてください)
 
これをしていたのは、自分の高校がそういう高校だったからですが、
いつも慣れたことをルーティン化するのもオススメです。
 
あんまり落ち着こうとか思わず、
ナチュラルな気持ちで試験を受けてきてくださいね!

高田馬場校担任助手 大庭

〜お知らせコーナー〜

明日の開閉館時間は11:30~21:45です。

ブログ担当者は・・・

岩崎担任助手です!

お楽しみに!!

 

↓↓要チェック!!