私の大学学部を志望した理由(中山) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 9月 7日 私の大学学部を志望した理由(中山)

こんにちは!担任助手の中山です!

高0~2生のみなさん、
9/10は何の日かご存知ですか?




そう、合格設計図の志望理由書の提出日!です!


自分の第一志望校への思い綴って、私たち担任助手に見せつけてほしいと思っています。


もちろん、受験生のみなさんも
ひと夏を越えた今、
自分の第一志望校に対しての思いをもう一度新たにして
9月以降を過ごしてほしいです。



というわけで!!

今週のテーマは
「自分の大学学部を志望した理由」!



私は
千葉大学 教育学部 小学校教員養成課程 国語科

に所属しています。
(ちょっと長いですね笑)


なぜここを選んだのか、
理由はたーーーくさんあるので
長くなってしまいますが
ぜひ読んでいってほしいです!!


まず、
教育学部 小学校教員養成課程
を選んだ理由。


それは、もうお分かりだとは思いますが
小学校の先生を目指しているからです。


なぜ小学校の先生になりたいと思ったのかは、校舎で会った時に聞いてください♪


大学、どこを志望しよう、、

となったとき、
いくつかの条件を作りますよね。


私の場合、

教育学部(小学校の先生になる免許を取得できるところ)

が、もう絶対絶対の条件でした。


学部を選ぶときは
自分の思い描く将来に直結する学問は何か、を考えてみるといいと思います!



そして国語科を選んだ理由は
単に国語が得意で好きだから!(笑)


始めは上記の理由だったんですが、
受験勉強をしていくうちに
以下のことに気づきました。


国語の問題で求められている力、
それは
客観的に物事を見る力
だと思います。


わかりやすいのは現代文の問題だと思いますが

「筆者の述べていることと一致しているものを選べ」

という問い。

 

筆者の言いたい事を頑張って感じ取るのではなく、

実際に述べている言葉を根拠に考えますよね。

 

小説だって、その文章を読んで出てくる感想は

人それぞれですが

そこに実際に書いてあることは誰が読んでも同じわけで

主観的ではなく客観的に物事を見れるかどうか

が国語が求めている力だと思います。

 

 

客観的に物事を見る、ということは学問の域を超えて

生きていくうえで必要ですし

その力を国語を通して育成していきたい!

と思ったんですね。

 

 

国語について長々と語ってしまいました(笑)

 

 

最後に、千葉大学を選んだ理由は・・・

 

まず国立だから!

国立にこだわった理由としては

①受験科目が多くて勉強するのが楽しかったから

②国立大学って頭がいいイメージがあるから

これだけです(笑)

 

その中で千葉大を選んだ理由は

総合大学だから!

 

教育を学びたいけど、

教育とはあまり関係のない専門的な学問を学んでいる人と

関わりたいと思ったからです。

 

実際にサークル活動を通して

様々な学問を学ぶ友達ができて

嬉しいです^^

 

 

 

長くなってしまいましたが

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

 

 

志望理由書、たのしみにしていますよ!^^

 

 

 

高田馬場校 担任助手 中山

**お知らせコーナー**
 
明日の開館時間は11:30~21:45です。
 
↓受験生は要受験!↓
難関大・有名大本番レベル模試:9/23(祝)
 
明日のブログの担当は岡野担任助手です!!
 
乞うご期待!!!
 
↓↓要チェック!!!