私の受験体験記(松本) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 12月 20日 私の受験体験記(松本)

こんにちは!松本です!
昨日髪を切りましたが大学で未だ誰にも気づいてもらえません😂
当たり前です、3mmしか切ってないので笑

ちなみに蛯名担任助手とは仲が悪いわけではないと思っています…(そうですよね、蛯名さん…?😂)

さぁ、フリーテーマブログ…
ということで、普段は話せないことですし、
私の受験体験記~入試期間中編~
を、書こうと思います。

※ここから書くことは個人的な体験記なので一般論ではありません💦

 

私が一般受験したのは
5大学10学部でした。

お分かりの通り、併願校がかなり多かったです。
そのため、併願校を受験するという前提で話を進めていきます。

実際に受験を経験した身として、感じたことは以下の通りです。


①目指すべきところからの逆算
②連日受験の注意
③入試本番も復習の徹底


ここからはそれぞれの詳細を↓↓↓

①目指すべきところからの逆算
というのは、第一志望校受験日からの逆算、という意味です。
併願校を受験したとしても、一番受かりたい大学は一つですよね。
みなさんは、その大学の入試に向けてたくさん勉強してきたはずです。
いくら併願校の試験期間であっても、最終目標を見失わないこと
本当に重要です。

去年の私は併願校で不合格になってしまうことを恐れるあまり、第一志望校の対策が全く手付かずになってしまった時期がありました。そうなるとなぜ自分が第一志望を目指しているのかすらわからなくなる…という魔のループに陥ります。
併願校は、あくまでも併願校、ということを忘れずにいればよかったな…と今では思っています💦

②連日受験の注意
併願校を数校受ける人の中には、何日か試験が連続している人も多いと思います。
例え教科数が少なかったとしても、精神的にはかなりきついです。


今まで経験したことのないほど緊張したり、
過去最高に集中したり、
いい意味でも悪い意味でも
何が起こるかわからない
というのが入試本番です。

そんな環境に連日耐えるのは正直つらかったです!!
(私の場合は、入試初日から4日間連続受験でした😂)

まもなく出願の時期ですが、今1度、自分はこのスケジュールを乗り切れるか、考えてみてください。

私の通う早稲田大学で例を挙げると、
早稲田の入試のラスト3日間の
政治経済学部
商学部
社会科学部
の連日受験をする人はよくいますが要注意日程ですね💦


体調も崩さないよう、ベストコンディションで臨めるように調整しましょう…!!

③入試本番も復習の徹底
併願校、受験して終わり、ではもったいない!!
いつもの模試と同じように、終わったら復習しましょう。

私は初日の受験から特に社会の復習は徹底しました。(外国語の知らなかった単語もちょこっと…)


社会は本当にやっておいた方がいいと思います。
過去問では徹底することの出来ない“現在問”の対策が出来るからです。

 

そしたら出たんですね、その後の入試で。
問われ方は違えど、類題!!!
と、すぐ閃きました。

偶然!
と思うかもしれませんが、
この偶然は必然に変えられます。
難しい話のようになってしまいますが
つまりはこういうことです。

試験直前、最後の最後まで努力を惜しまなければ
本番”偶然”やったところが出た!!
の、”偶然”のパーセンテージが高まると思いませんか??

当たり前なんです。
最後まで復習する努力をし続けた人ほど、偶然に出会える可能性が高まるのは、当たり前なんです。
でも、意外と直前になると慢心してしまったり、もうここまでやったから、大丈夫だ、と、復習の手が緩んでしまいがちです。
そこで踏ん張れるか踏ん張れないかで勝負はつくといっても過言ではない思います。

文学部を名乗れないほどぐちゃぐちゃな文脈になってしまいました…ごめんなさい(><)

まとめますと、
最後の受験の日まで、
第一志望校への気持ちを強く持ち続けて、
しかしながら体調管理にはくれぐれも気をつけながら、
詰めが甘い受験生活の終わりにならないようにしよう!!!

という感じですかね…伝わりましたか…?💦

というところで本日のブログを締めたいと思いますが、
恐らく松本2017年最後のブログになるかと思われます!
みなさん、良いお年をお迎えください!!
明後日から校舎も冬休み期間になります。
外は凍える寒さですが
校舎では熱く!!勉強に励みましょう😆

もう一度最後に言わせてください!
このブログを読んでいる受験生のあなた!
受験生は最後の最後の最後まで伸びます!!!
あと少し、一緒に頑張りましょう!👊✨

 

担任助手  松本莉央

**お知らせコーナー* 

明日の開館時間は11:30~21:45です。

明日のブログ担当は吉見担任助手です。

お楽しみに!

↓↓要チェック!!!