私のメンタル講座(山本) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 11月 3日 私のメンタル講座(山本)

こんにちは!担任助手の山本です!

風邪をひきやすい時期ですね!

体調には十分に気を付けていきましょう!!

 

さて、今週のテーマは「私のメンタル講座」です!

全国統一高校生テストも終わり、受験生にとっては、

緊張の高まってくる時期です。

残された時間で何をするのか。

どの強化を重点的に勉強するべきなのか。

センターと二次の時間配分は?

多くの問題を抱えて、メンタル的にきつくなってしまう方もいると思います。

 

今回は、これらの問題に対して最適解を出すために、

「問題は全部外に出す」ことの重要性を書いていきたいと思います。

 

エバン・ポルマンとカイル・J・エミックの実験というものがあります

 

Aチームの被験者に・・・

ある囚人が塔から逃げようとしている。

ロープを見つけた。ところがロープは

安全に降りられる長さの半分しかない。

どうする?という問題を出した。

 

Bチームの被験者に・・・

囚人であるあなたは塔から逃げようとしている。

ロープを見つけた。ところがロープは

安全に降りられる長さの半分しかない。

どうする?という問題を出した。

 

この実験の結果は、

AチームよりもBチームの方が正解に至る人が少なかった。というものでした。

つまり、

自分が直面している問題よりも、

他人が直面している問題の方が答えを見つけやすい。

ということがわかります。

 

受験をはじめとした、大きな問題にぶち当たったときには

「こういった状況に追い込まれたのが

もしも自分ではなくて他人で、

その人がもし自分のところに相談してきたら、

何と答えてあげるだろうか」と考えられるようにしましょう。

頭の中で「大変だ!どうしよう」と考えているだけでは

現実を見る目が「大変だ!」で固定されてしまいます。

しかし、いったん今の状況を他人事として捉えることができれば、

とても冷静な目で問題に向き合うことができるはずです。

 

問題は他人事として考え、アドバイスをする。

こうすることができれば、意外と簡単に答えは見つかるかもしれませんね。

 

(ちなみに、上の問題の答えは「ロープを縦に切って結ぶ」です)

 

高田馬場校 担任助手 山本雅

 

**お知らせコーナー* 

明日の開館時間は10:00~21:45です。 
 
明日のブログの担当は坪田担任助手です。
 
お楽しみに!
 
 
 
↓↓要チェック!!!