私のメンタル講座③ | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 11月 23日 私のメンタル講座③

こんにちは!門田です!お久しぶりです!

今日は難関大・有名大模試でした!

受験した皆さん、お疲れ様でした。

難関・有名大はいつも難しいので、しっかり復習をしていきましょう!

 

さて、今週は「私のメンタル講座」ということですが、

昨日書いてくれた中山さんに続き、僕もなかなかのつよメンタルくんです。

よく言えばポジティブ、悪く言えば楽観的なんですね。

受験生の時、受験が近づいてきていても、根拠のない自信を持っていたのでネガティブになることはなかったです。

ただ、正直これに関しては性格的な部分も大きいと思います。

そんな根拠のない自信は持てない、どうしても不安になってしまう、という人もたくさんいるのではないでしょうか?

というか、僕は担任助手3年目なので、これまでにたくさんのそういう生徒たちを見てきました。

 

しかし、ひとつ言えることとして、

「受験生はネガティブな思考をするよりもポジティブな思考をした方が絶対に良い!」

ということを伝えたいです。

なぜなら、ネガティブな思考に一度陥ってしまうと負のスパイラルから抜け出せなくなってしまうからです。

実際にはそんなことはないのに、自分で自分が「できない」ことの理由付けをしてしまい、本当にできなくなってしまうのです。

 

※ネガティブ思考の例

・過去問の点数が伸びなくて合格する気がしない

・周りの人が自分より圧倒的に賢く見える

・どうしても英語が伸びる気がしない、、 などなど

 

大切なのは、無理矢理にでもポジティブな思考に変えていくことです。

そんなことできないよ、と思いましたか? しかし、今日からできるいい方法があります!

それは、「ネガティブなイメージの言葉を一切使わない」ということです!

できない、したくない、苦手だ、などの言葉を使わないように心がけてみてください。

このような否定語は、使うだけで無意識下で行動にブレーキをかけてしまうそうです。

言葉だけで行動が縛られてしまう、人間の脳というのは不思議なものなんですね。

 

メンタル面というのは、鍛えようと思って簡単に鍛えられるかというとそうでもありません。

しかし、心がけ次第でネガティブ思考を遠ざけることはできます!

本当はもう少し紹介したいところですが、詳しくは次のLHRで話がある、、かもしれません!

まずは、「否定語は使わない」という心がけをもっていきましょう!

 

高田馬場校担任助手 門田