理科科目の学習(岡野) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 12月 8日 理科科目の学習(岡野)

こんにちは!

担任助手1年の岡野です!

地歴公民千題テストが近づいていますが、

今日のブログ担当は理系なので、

文系の皆さんにいいアドバイスを送ることができません!

ごめんなさい!

月曜日の岩崎は理系ながら文系科目もきっちりとこなせる万能タイプなのですが、

僕に関しては本当に文系科目無理です!!

センター試験も一応現代社会を受けたのですが、

結果は5割チョイでした…(笑)

僕の社会の勉強法なんてあてにならないので他の人に聞いてください!

さて、ということで代わりに理科科目の勉強法についてお話します!

まず、物理に関して一番重要なことは、定義を知ることです

例えば、速度の定義は単位時間あたりに進む距離のことですよね?

このくらいならまだわかるかもしれませんが、

もっと複雑になってくるとどうでしょうか。

例えば、仕事の定義やエネルギーの定義はわかりますか?

どちらも同じ次元ですが、呼び方が違うということは何かが異なるということですよね。

そういった基本的なことの定義が甘いといざ問題を解くときにこんがらがってしまいます。

今一度教科書やテキストを一から見直して、ちゃんと定義を覚えているか確認してみましょう。

次に、化学に関しては、分野でポイントが異なってきます。

理論化学は、物理と同じように定義を覚えることがもっとも重要です。

例えば、結合エネルギーの定義とか、蒸気圧の定義とか…。

自分で問題を解いていて、よく間違えてしまう範囲は定義があいまいな可能性があります。

そういった範囲こそ大幅点数アップの鍵ですから、どんどんやりましょう。

無機化学は、結局は暗記です。

ですが、その暗記法に人それぞれ工夫すべきポイントがあります

僕は、無機に関しては、音読室で音読をしながら、

ひたすら書いて書きまくって覚えました。

あとは語呂合わせとかですね。

インターネットとかで化学の語呂合わせについて調べてみたりすると結構いろんなのが載っていますよ!

無機化学は覚えてしまったら後は割とすぐ点数が伸びる分野ですので頑張ってください!

有機化学も、反応に関しては暗記ですね…

ですが、一つ一つの反応にはなぜこのような反応が起こるのか理由があります!

その理由を一つ一つ調べるのは苦難の技ですが、

自分で考え詰めてこそ覚えられると思います。

どうしてもわからないときに、先生に聞いてみると効果的ですよ!

生物に関してはわかりません…ごめんなさい…

参考になったら幸いです!

文系の人は地歴公民テスト頑張ってくださいねー!

高田馬場校 担任助手 岡野

**お知らせコーナー* 

明日の開館時間は10:00~21:45です。

明日のブログの担当は結城担任助手です。

乞うご期待!


↓↓要チェック!!!