模試後1週間の復習法☆第5弾 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2015年 10月 30日 模試後1週間の復習法☆第5弾

こんにちは!

担任助手の若林です(^-^)
 
10月も残すは今日いれてあと2日
合格設計図たてたときにはだいぶ先に感じていた11月も目の前です。
 
やらなきゃいけない修了判定テストや、
あと一歩で修得・完全修得できる高速マスターがある人は、10月中に片付けちゃいましょうね(*^^*)
 
さてさて「模試後1週間の復習」
 
わたしは担任助手の田島さんとかなり内容がかぶってしまっているので、田島さんのブログも参考にどうぞ↓
 
 
わたしからは2つお話しします!
 
①一問一問分類する
 
不正解だった問題について
★ただ単に分からなかったのか
★ケアレスミスで落としたのか
それぞれ色分けして問題冊子にコメントを記入してました。
 
「集中すればできたよここ!」「この考え方!!この発想!!」みたいな感想や
 
知らなかった知識をまとめて書き込むだけで
 
次の模試前にパラパラ見返すだけでかなり役に立つ1冊が出来上がりました!
 
また、私は正解できた問題も分類してました。
 
★本当に理解した上で正解したのか
★勘で答えて正解したのか
 
「4つ選択肢があって2つまで絞れてて、最後はなんとなくで答えた」に注意です!
 
たとえそれが正解できていたとしても、もう一回同じような問題が出されたら自信を持って解答できますか?
 
一問一問こだわって復習しましょう。
 
②自己採点の精度もあげよう
 
これは少し角度の違う話ですが、
みなさん自己採点と本当の得点がズレてるか確認したことはありますか?
 
これ、実は割と重要なんです。
 
というのも、本番のセンター試験では自己採点をもとに出願校を検討したりするからです
 
「自分は絶対合ってる!」という自信はなぜかみんな持ってしまうんですが、案外ずれていることが多いんです。
 
(わたしも絶対的な自信を持っていましたがズレていました)
 
とにもかくにも、
せっかく解いた模試。
後回しにせず、記憶が新しいうちに復習を終わらせてしまいましょうね!!
 
高田馬場校 担任助手  若林