模試の活用法④ | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 4月 29日 模試の活用法④

こんにちは!

担任助手の山本です。

今日は雨も降ってとても寒いですね。
最近は暖かったので、急な温度変化で風邪をひかないように気をつけましょう!

ということで、今週のテーマはセンター模試の活用法!です!
センター模試を受けるにあたって大切なことは三つあります!

一つは選んだ番号に印をつけておくことです。
あたりまえだと思うかもしれませんが、
復習をするとき自分が選んだ番号が分からなければ自己採点のしようがありません

しかも、センター試験本番では
自分が何点取れたかの開示が来るころには二次試験も終わり、
大学生活が始まってるくらいです

(実際、僕のところにセンター試験の開示が来たのは先週のことでした。)

センター試験では自己採点を見てセンター利用や国公立を考え直したりするので
模試を活用して習慣化させていきましょう

二つ目はテスト中の時間配分です。
最後まで解こうとするのも大事ですが、
あまり一問に固執しているとその先の、確実に点を取れる問題も落としてしまいます。
しかし時間を決めてさえいれば、
着実に点を取り、早く解き終わればわからなかった問題に帰ってくることができます。
実際、僕はこの方法を全教科使うことで本番も冷静に解き進める方ができたと思います。

三つ目は復習を完璧にすることです
答えを見て、採点して、おわり。
これでは得るものはなにもありません。
その場の実力を測っただけです

復習のやり方は人それぞれで色々あるとは思いますが、最終的な目標は
同じ問題なら100点を取れる」ことです。

これをすることで初めて模試を活用できたということになるのだと思います。

いつも模試を活用仕切ってる人も、
今まではあまりしてなかったなという人も
これからの模試は完璧に活用していきましょう!!

高田馬場 担任助手 山本

**********************

 

*私立*

 

 

*国立*