模試の活用② | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 4月 26日 模試の活用②

こんにちは!!

不安定な気温も落ち着いて暖かくなってきましたね^^

風邪などひかないように体調管理はしっかりしましょう!!

さて、今週のテーマはセンター模試の活用法についてです!
模試は、受けて終わりにしない!というのはよく聞く話だと思います。
受ける前
受けているとき
受けたあと
に、するべきことがあります。

まず、受ける前です。
入試本番のつもりで、持ち物は何が必要か会場に何時に着けば良いか暑かったり寒かったりしたらどうするか、どれくらいチョコを食べればいいか…など、考えられることはたくさんあります。
本番前の過ごし方から、練習しておきましょう!

次に、受けている時です。
時間配分解く順番はしっかりと決めておきましょう。
どの大問に何分かかるかを意識しつ解きます。
しかし、模試は初見の問題ですから、計画通りにいかないこともあると思います。

そういう時にどうするかも考えましょう!

その問題に最大何分かけられるかを考えておけば「これ以上の時間をかけたら全部終わらないから、飛ばして次の問いに行こう」という判断ができます。

また、自分に合った解く順番を決めておきましょう。
私の場合、「文法の知らない問題で悩み時間がなくなり配点の高い長文で焦ってしまう」ということがよくありました。
そのため、英語は長文から解いて最初に戻り、最後の10分で見直しをするという順番にしました。

そうすることで配点の高い長文に落ち着いて取り組めた上、文法で取れるところを時間の無駄なく取れるようになりました!
(ちなみに、国語では古文→漢文→評論→物語という順番にしていました)

最後に、受けた後です。
もちろん復習はしっかりしましょう。
間違えた問題や知らなかった知識、すぐに理解できなかった部分は、ノートにメモしておきます。
そして毎日サッと、理解する程度に読み直します
これを続ければ苦手は自然と減っていきます!

以上、(少し「受けている時」偏重になってしまいましたが、)1番大事なのはやはり「受けた後」の復習です。
復習をいつもやっている子も、正直やってないなという子も、これからの模試を120パーセント活用して、本番に備えましょう^^!!

高田馬場校 担任助手 黒川

**********************

 

*私立*

 

 

*国立*