模試の活用① | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 4月 25日 模試の活用①

こんにちは!!

センター模試、おつかれさまでした!
受験生の頃は模試のあと点数が思っていたより取れなくて、泣きながら電車に乗ったこともありましたね…(笑)

(担任助手のみなさんにこのことを言ったことはあまりないです。笑)


でも、模試は受けることよりも
受けた後の方が大事!!!


ということで
今週は
センター模試の活用方法」について話します!


私は模試が終わったら、問題の記憶がまだあるうちに解答解説を隅から隅まで読みました!

模試の解説は詳しく書いてあります。

たとえば社会科目だったら、間違えやすい答えと対比されてあっり
表にまとめられていたり…

私は解説を自分のノートに書いたり、
問題で取り上げられていた内容を教科書やテキストなどいつも使っている教材で確認してチェックをつけていました。

国語は、選択肢と解説をよく読んで、どこが間違っていたのかを納得するまで考えました。

 


あとで振り返ると
「なんでこれを選んだんだっけ?」
ということが頻繁します。

模試を受けるときに、自分でその選択肢を選んだ根拠を書いておいたり、
時間がなかったらキーワードとなった言葉に印をつけておくことをお勧めします!

根拠を明確にして答えを出す癖をつけることで
自信を持って回答できるようになるし、
あとで復習したときにどこが間違っていたかわかりやすくなります♪



結果よりも復習が大事!!

模試の復習は早いうちにして、
さらに点数を上げる勉強をしていきましょう!

高田馬場校 担任助手 中山さくら

**********************

 

*私立*

 

 

*国立*