支えられた言葉 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 2月 7日 支えられた言葉

 

皆さんこんにちは!

高田馬場校の門田です!!

今月もたくさんブログ書いていくのでみなさん読んでくださいね(^O^)

 

さて、受験生の皆さんはいよいよ私立の受験本番を迎え、結果もいくつか発表されている人もいるかもしれません。

これから先は、まだまだ受験が残っている中で結果も出ます。

大学受験というのは「合格」「不合格」が明確に出るものです。

「不合格」という通知を受けることだって当然あると思います。

それに直面した時に、自分の努力がある種否定されたような感覚に陥ることがあるかもしれませんが

そんな必要は全くありません!

 

過去の先輩で、ここは確実にとれるだろうと思って受験した大学から予期せぬ不合格通知を受けたものの、

それを乗り越えてそこから全勝した先輩もいます。

結城担任助手も出陣式で言っていましたが、受験は「運」を掴むことも大切です。

何回も言っている通り受験が終わるまではとにかく前を向いて!!

 

さて、今回のテーマの「支えられた言葉」ということなのですが、、、

正直、「言葉」と言われるとあんまり思い浮かびません。すみません。

しかし、支えという意味ではやはり親の支えがとても大きかったと思います。

受験期は常になんとなく焦っていた自分ですが、両親がいつも朝送り出してくれたりお弁当を作ってくれたりしていたので

勉強に集中させてもらえたと思います。

皆さんも今はせっぱつまっていてあまり実感することはできないかもしれませんが、

ご両親への感謝を意識できると少し気が楽になるかもしれません!

 

なんだか少し説教っぽくなってしまいましたがこれは本当に僕の実感としてあるものなので、

ぜひもう一度考えてみてください!!  ではまた!!

 

高田馬場校 門田

***********************************