担任助手の「支えられた言葉」① | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 1月 16日 担任助手の「支えられた言葉」①

みなさんこんにちは、

担任助手の坪田です。
 
受験生のみなさん、センター試験お疲れ様でした!
 
昨日・一昨日は寒かったですね…
夕方から夜にかけての冷え込みが凄かったですが、
雪などで交通機関に遅れが出なかったのは本当に 良かったです。
昨年、私が受験生だったときはセンター試験明けの月曜に東京で大雪が降り、大変な目にあいながら高校に登校したのを覚えていますが(笑)
 
 
さて、今週のテーマは、受験生に送る「支えられた言葉」。
私たち担任助手が受験生だった頃、いざという時に支えられた言葉を紹介していきます。
 
私が印象に残っている言葉は、
「限界を決めるには、君たちはまだ若すぎる」
 
有名人が言った言葉というわけではありません(笑)
友人が通っていた塾の講師が受験の直前期にかけてくださった言葉だそうです。
(ソースが曖昧ですみません)
 
昨年、「超易化」といわれたセンター試験の国語で失敗してしまい、
特に現代文に対する自信を失いかけていた私にとって励みになる言葉でした。
 
 
 
何が言いたいかというと…
 
センター試験で思うような結果が出なかった人、
又はセンターは上手くいったけど2次•一般入試にまだまだ不安がある人
 
残りの日数は僅かですが、やるべきことを絞れば短期間でも成績を伸ばすことは可能です!
前回のブログで岡本担任助手も仰っていた通り、「山を張っていくこと」が大切ですね。
 
生活習慣もそうです。
起床時間を早めたり、食事にかける時間•休憩時間を短縮したりというように、
今まで以上に一分一秒に拘っていくことが大切ですね。
 
1番苦しい時だからこそ、今持っている力を全て出しきり、
「限界突破」していきましょう。
 
 
最後に、
受験生の皆さんは答案再現の期限が本日16日の23時59分までです。お忘れなく!
 
低学年の皆さんもセンター同日体験受験の自己採点シートを必ず提出しましょう。
 

**お知らせコーナー**

明日の開閉館時間は11:30~21:45です。

 

明日のブログは・・・

平野担任助手です!

お楽しみに!

 
高田馬場校 担任助手 坪田遼