担任助手による学部研究会~教育学部①編~(中山) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 8月 2日 担任助手による学部研究会~教育学部①編~(中山)

 

こんにちは!中山です。

昨日の田島さんのブログにも書いてあったように

中山は最近、車の運転を頑張っています!

はやく免許とれるようにがんばります!!

 

 

今日は私の所属する

教育学部

について紹介します!!

 

千葉大学の教育学部では

教員を養成するカリキュラムが組まれていて、

卒業時には何らかの教員免許を取得することが必須です。

(取得できないと、卒業できません!)

 

”教員を養成するカリキュラム”って

一体どのようなものでしょうか・・・?

 

いま私が受けている授業は

大きく分けて4つのジャンルに分かれています。

 

 

①授業の構成を考えたり、

 模擬授業をしたり、

 教えるために必要な技術を学ぶ授業。

 

指導案を考え、それをもとに実際に授業をしたり

体育のマット運動や跳び箱、ハードル、

音楽のリコーダーなど

教える上で必要な技術を身につけます。

 

指導案とは、一授業の段取りが書かれている

計画表のようなものです。

先生たちもテキトーに授業しているわけではないんですね…!

 

ハードルなど小学校の体育の授業では、

大学生が全力でやるとかなり疲れるということも分かりました(笑)

 

 

②教科書を研究したり、

 学習指導要領を分析したりして

 今の教育が求めている人材・それに向けて

 教師がどのような働きかけをすべきか考える授業。

 

教科書、といっても日本には様々な教科書が存在しています。

でもそれらはすべて文部科学省が出している「学習指導要領」に基づいて

作られています。

ついこないだ打ち出された次期学習指導要領と現行の学習指導要領を比較して

現代の教育がどのような人材を生み出そうとしているのか?

次期学習指導要領に基づいた教科書は現在のものとどう変わるか?

を考えています。

授業は子ども・教材・教師の関わり合いで成り立っているものなので

教材を研究することは授業を考える上でとても大事なんですよ!

 

 

③教育とは?学校とは?についてや

 子どもの性質について学ぶ授業。

 

そもそも教育という概念はなぜ存在しているか?ということや

教育の歴史などを学びます。

また、子どもの性質を学んで

発達の過程を知り子どもとの関わり方について考えることもします。

 

 

④専門分野(私の場合は国語)を研究したり

 知識として身につける授業。

 

私は教育学部国語科に所属しているので

専門分野は国語です。

高校のときのような漢文の授業があったり(もちろん発展的ではありますが。)、

文学について学んだり、日本語の仕組みについて研究します。

 

私は高校生のときから国語、特に現代文が大好きだったので

本当に国語分野の授業は楽しくて好きです。

教育学部といってもずっと教育ばかりではなく、

自分の好きな専門分野のことも学べるこの学部学科に所属できて

本当に良かったな~と思っています^^

 

 

本日は「教育学部」についてご紹介しましたが、

同じ教育学部でも大学によって中身は全く違う、なんてこともあります。

 

 

千葉大学の教育学部は「教員養成」が目的の学部なので

周りの友達も必然的に教師を目指す人が多いですが

先生になりたい、という人以外にも

教育を学びたい人はいます。

 

自分のやりたいこと・学びたいことをしっかり考えて

その大学について深く調べたり実際に話を聞いたりして、

志望校を決めてくださいね^^

 

 

東進ハイスクール高田馬場校では

各大学のオープンキャンパスにみなさんを連れて行く、

オープンキャンパスツアーもあるので

申し込んでみてください♪

 

 

 

 

 
 
 
高田馬場校 担任助手 中山
 
 
**お知らせコーナー**
 
明日の開館時間は7:00~20:30です。
 
ブログの担当は大庭担任助手です!
 こちらも教育学部。ですが、私の教育学部とは全く違うものだと思います!
お楽しみに~!
 

↓↓要チェック!!!