国語の勉強法 | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 11月 18日 国語の勉強法

みなさんこんにちは、風邪が治りつつある担任助手の大庭です。

皆さん、黒川担任助手がブログに書いていたように
ぼくを反面教師にしてくださいね(笑)

ということで、今日は国語の勉強法についてです。

よく聞かれる質問で、国語ってどうやって勉強するのですか?というのがあります。

確かに国語の勉強法って難しいですよね。

よく聞かれる声としては
「国語は何となく解いてます。」

「日本語だし大丈夫ですよね?」

とかでしょうか。

ここに矛盾がありますね。
なぜ母国語である日本語なのに何となく解くのでしょうか

たぶん何となく解けるから特に勉強していないし解法が分からない、という理由でしょう。

確かに母国語だからある程度は解くことはできます。

だけど、解くことが出来るのはある程度、ですよね。

人生が変わるかもしれない本番の試験で、

理由もないけど、何となくこれっぽいから
この選択肢にしよう。
なんて出来ますか?

出来ないと思います。

国語は根拠が絶対に文章中にあります。

何十万人も受験するセンター試験で何となくで解くような問題が出るはずはありません。

難しくてもどこかに答え、つまり根拠はあります。

センターなら、傍線部に当たったらまず設問を読んで何が問われているのか確認します。

選択肢はなるべく読まずに問題文に戻り、根拠探しの旅に向かいます。

根拠がこれだ!というものがあれば、選択肢に戻ってあてはまるものを選びます。

 根拠は基本2~3個あるはずです。

その根拠がすべてあるものが解答です。

ひとつでも欠けていたり本文に書いてなかったり、

常識的に正しそうでも本文に書かれていなければその選択肢は×です。

 

この解法は林先生がおっしゃっていたものですが、僕はこれが一番しっくりきて

 

センターの現代文が得点源になりました。

人によって解く方法は違うかもしれないですが、なんとなくでは問題は解けません。

 

もう一度解法を確認しましょう。

そして、現代文を得意科目にしてしまいましょう!!

 

 

**お知らせコーナー**

明日の開閉館時間は10:00~21:45です。

 明日のブログは加賀山担任助手です!

 今週のMVPは誰でしょうか??

高田馬場校 担任助手 大庭