メンタル講座(坪田) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 10月 31日 メンタル講座(坪田)

こんにちは! 

お久しぶりです、担任助手の坪田です。

 

さて、今週のテーマ「メンタル講座」ということですが、、、

私自身は正直、メンタルという言葉が苦手です。メンタルというのはとても便利な言葉で、「逃げ」というネガティブなイメージも持っていますから。

とはいえ、メンタルは勉強に限らず、スポーツや勝負にはつきもの。本日は私の経験を踏まえ、精神論を語らせていただきます。

 

 

験生のみなさん、今は体力的にも、精神的にもきつい時期でしょう。

夏休みまではセンター試験対策等、比較的”量”をこなせば点数が伸びていたと思います。

しかし今は違う。

一般入試・2次試験の過去問はとても難しいですよね。今までどおり量をこなしただけでは簡単に伸びません。

量と質のバランスを極限まで高めなければならない。

 

また、夏休みとの大きな違いは「学校がある」ことでしょう。

学校では授業を受けるだけでなく、文化祭や体育祭・定期テストがあります。

良い意味でも悪い意味でも、みなさんが東進での学習に使える時間減らしてきます。

 

「焦る自分」をどうコントロールするか?

 

私がおすすめするのは

➀圧倒的な努力をすること

②夢を思い描くこと

の2点です。

 

に関しては、受験生に限った話ではないですね。圧倒的な努力が自信をうむ。

スポーツをイメージするとわかりやすいでしょう。「試合本番では、練習以上の力は発揮できない

」とよく言われます。

「そもそも努力をするのが難しい」という方もいるでしょう。勉強に関しては、まずは手を動かすことが重要です。

手だけでなく、口でも、足でも良いでしょう。紙に書いたり、声に出したり、歩きながら覚えたり、、、(歩きながら覚えるのは実は効果的でおすすめです)

とにかく踏み出すことです。悩んでいても仕方ない!

 

②、これについては何を言いたいかというと、

受験勉強は手段にすぎない、ということです。

東進生のみなさんには「第一志望合格は中間目標!」ということを伝えています。

みなさんにとっての受験勉強の目的夢・志を実現すること

第一志望合格は目標です。しかし目標だからといって、軽んじていいわけではありません。

「自らが定めた目標はプライドにかけてやりきる」

 

みなさんのそれぞれの第一志望校は、きっと時間をかけて決めたもののはずです。

その志望校に受けらなければ実現できない将来もある。

ぜひ、このことを胸に刻んで欲しいです。②に関しては意識の問題ですが、このブログを読んだ方は、今すぐにでも

「受験勉強の目的」について考えていただきたいです。

 

受験生はこの先、入試本番が近づくにつれてもっとつらい時期を迎えるでしょう

精神論だけで乗り越えられる壁ではないとは思いますが、ぜひ➀と②を実践してみてください。頑張りましょう。

 

高田馬場校担任助手 坪田遼

 

**お知らせコーナー* 

 
明日の開館時間は11:30~21:45です。
 
明日のブログの担当は岡野担任助手です。
お楽しみに!
 
 
↓↓要チェック!!!