センター試験1日目を終えて(田島) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2018年 1月 13日 センター試験1日目を終えて(田島)

 

こんにちは!

担任助手3年の田島です!

 

受験生の皆さん、センター試験1日目

お疲れ様でした!!!

私立文系のみんなは今日で終わりでしたね。

本当にお疲れ様。

センター当日までブログを読んでくれてありがとう。

 

 

(懐かしい宮内元担任助手です☻)

 

さっそく家に帰って勉強!!!

と、いつもの私なら言っているところですが(笑)

今日でセンターがひと段落したみなさん、

家に帰って一息、つきましょう。

心配し応援してくださっているご家族にまずは報告を、

そして第一志望校の受験に向けて

気持ちを新たに固めよう。

学力POSからの解答入力も忘れずに!

 

明日もまだ受験が続くみなさんは、早速

家に帰って明日の勉強をしてください!!

今日受験した科目の答え合わせは絶対にしない!!

1問でも多く問題を解いて

1つでも多く暗記事項を覚えよう。

今日の過ごし方で明日の点は大きく変わる。

今日の手ごたえで一喜一憂している暇はありません。

 

さて、センター当日のブログということで

理系の皆にも文系の皆にも、国私問わず伝えたいことがあります。

 

それは

センター試験はあくまでスタート地点だということ。

今日もしくは今日明日のために

みなさんは何か月もかけて必死に勉強をしてきました。

陸上選手も同じ。最高のスタートを切るために

何度も何度も試行錯誤準備を重ねます。

陸上選手もみなさんも、スタートにかける思い

相当なものだったでしょう。

 

でも、どんな選手でも、スタートを切ったら

最後ゴールのその先まで全力で駆け抜けますよね。

とても良いスタートダッシュができて

調子に乗って力を抜く選手はいません。

うまくスタートが切れず出遅れてしまったとき

もう無理だと諦めて全力を出さない選手もいません。

むしろ出遅れたときこそ、追い抜こう挽回しようと全力を尽くすはずです。

 

受験も同じ。

言いたいこと、わかりますね?

 

 

皆にとってセンター試験はスタート地点

ここで一喜一憂している時間はありません。

みんなにとってのゴール

第一志望校の受験最終科目、終わりの合図がなるとき

 

みんなはそれぞれのゴールに向かって

さらに全力で、死ぬ物狂いで走り続けていかなければなりません。

ゴールが間近に見えても

スピードを緩めない。

ゴールのその先の、志望校合格、そして夢の実現に向けて

立派な人財になるまで、走り抜かなければなりません。

 

 

昨日の閉館時、そして今朝

センター試験へと向かう馬場校の受験生を沢山送り出しました。

みんな、緊張を持ちながら

凄くいい顔をしていた。

 

「いってきます」と言って去る皆の後姿は、とても逞しく輝いていました。

改めて、馬場校の受験生の皆のことを誇りに思い

今日まで近くで応援してこられて良かったと

心から思いました。

 

本気で受かってほしい

心から思いました。

 

 

 

受験生のみんな

最後まで一緒に走り抜けましょう。

受験はまだ始まったばかりです。

 

 

 

高田馬場校担任助手 田島有理子

 

〜お知らせコーナー〜

明日も受講自習不可です!

新学年のみなさんも、2日目、頑張りましょう!!

 

明日のブログは笑顔を咲かせる中山担任助手です!

 

↓↓要チェック!!