センター模試を終えて(大杉) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 12月 17日 センター模試を終えて(大杉)

 

こんにちは!

 

先日ラクロスの新人戦で決勝リーグまで進みましたが敗退し、優勝出来ませんでした

 

大杉です

 

私達のチームはこの半年間、ウィンターカップ新人戦という24校の大学生1年生チームが参加する中で優勝するという目標のもと日々の練習に取り組んできました

 

倍率でいったら24倍ってとこですか

 

厳しい門でした

 

ここで倍率24倍の大学を考えてみましょうか

 

なかなかの競争率ですよね、同じく厳しい門です

 

ではどちらのほうが難しいでしょうか

 

24チームの中、優勝することと

 

倍率24倍の中、合格すること

 

個人的には前者のほうが圧倒的に難しいと思います

 

なぜか

 

前者は勝ち続けないといけないからです

 

負けてはいけないのです

 

失敗が許されないのです

 

だって1回でも負けたらもう終わりですから

 

一方で受験はどうでしょう

 

決勝大会が試験本番だと仮定しましょうか

 

だとしたら予選は?

 

 

全国模試に違いないでしょう

 

今までの模試でD判定、E判定をとったことのある人

 

これを負けであるしたらほとんどの皆さんとっくに落ちてます

 

でも実際は?

 

志望校、諦めてませんよね

 

まだまだチャンスはあると思ってますよね

 

もちろんです

 

全然受かりえます

 

なぜなら今の日本の受験は1発勝負であるから

 

それって凄く恵まれたことだと思います

 

たった1回の負けで

 

半年間の想いを

 

努力を

 

散らせてしまった私達からすると羨ましい限りです

 

本当に勝ちたかったです

 

悔しかったです

 

涙の止まらない同期を見て

 

より一層悲しかったです

 

 

 

皆さんの本番は今日じゃありません

 

 

1ヶ月後、2ヶ月後です

 

今日負けてもいいんです

 

負けた自分を受け入れましょう

 

 

そして本番で勝ち切る準備をしましょう

 

1番じゃなくていいんです、2番3番でも貪欲に勝ちに行きましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のテーマ、センター試験を終えて、です

 

まずはみなさん、お疲れ様でした

 

高校3年生は最後のセンター模試でしたね

 

毎回の試験ごとに目標点を立てていたと思いますが、突破出来たでしょうか?

 

 

突破出来た人、素晴らしいと思います

 

おそらくそんな皆さんは残り一か月も今回同様、予定通り勉強を進め、本番でも目標点をたやすく突破することが出来るでしょう

 

本当にすごいと思います

 

この調子でがんばってください

 

 

一方で目標点を突破できなかった人

 

大いに反省するべきです

 

悔しがってください

 

 

東進では予定を立て、実行する、そして目標の点数をとる、というサイクルで進めています

 

皆さんは目標点を突破できるようなプランを立てたはずです

 

それなのに突破出来ないということは計画立て、もしくは実行の部分が甘かったということでしょう

 

 

しかし終わったことです、引きずってもしかたありません

 

次のことを考えましょう

 

まずはセンター試験

 

そして次に二次試験

 

次の目標はこのふたつです

 

今度こそ目標達成のための計画設計、実行をやりきりましょう

 

 

 

ここまで割と厳しめの言葉を書きましたが、実は私も目標点を取り切れなかった側でした

 

すごく悔しかったです

 

しかしここで落ち込んで現実逃避したら一生後悔すると思い

次の日からはよりいっそう努力するようになりました

 

結果、12月の模試と1月の本番の点数を比べたら70点以上伸びました

 

あと10点でも低かったら一橋後期試験の足切りに引っかかっていたでしょう

 

 

 

落ち込む暇はないです

 

最後の最後まで頑張り切りましょう

 

勝ち切りましょう

 

 

 

本当に切羽詰まったら私のところに来て下さい

 

センターで点数をとる裏技を教えます

 

 

 

 

~センター試験本番まであと27日!低学年の皆さんもお疲れ様でした!~

 

高田馬場校 担任助手 大杉

**お知らせコーナー* 

明日の開館時間は11:30~21:45です。

明日のブログの担当はこのごろ食欲旺盛な岩崎担任助手です!

お楽しみに!

 

↓↓要チェック!!!