センター模試に向けて!!(蛯名) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 8月 7日 センター模試に向けて!!(蛯名)

こんにちは!

どうもお久しぶりです!ついこの間まで大学の試験があって

やっと夏休み迎えることが出来ました担任助手の蛯名です!

(ちなむと自分の学科は早稲田大学の中で最遅の夏休み到来です~)

 

さてさて、夏休みも中盤に差し掛かってきましたね。

そろそろ中だるみをしてペースが落ちやすくなるこの時期ですが、

皆さんはどのように残り時間を過ごしますか?夏休み初日に掲げた目標を覚えていますか?

強い意志を持って残りの時間を過ごしてください!

 

さて今日からテーマが新しくなります

 

今週のテーマは

「センター模試に向けて」

です!

 

センター模試の度にこのテーマを扱ってるので

「もういい加減耳にタコができたよ!」

という人も多いと思いますが、

貴重な貴重な模試ですので毎回取り上げてます!

 

まず、一つ言いたいことは、

皆さんは今回の8月模試で

来年の1月のセンター本番で取る点数を取ることはできますか?

胸に手を当てて自分に問いかけてみてください

 

 

 

 

 

 

受験生の皆さん9月からはセンター対策を脱却して

受験勉強の総仕上げである記述・二次試験対策

を始めます。

はっきりと申し上げますが、

8月以降からはセンターの得点はほぼ横ばいになります。

なぜでしょうか?

それは上にも書いたように、9月からは皆さんは記述・二次試験対策をしなければならないからです。

学校も始まり、二次対策もしなくてはならなくなると、

じっくり時間をかけてセンター対策をする時間はもう取れなくなります。

センター対策は夏休み中に完遂せねばならないのです

ですから皆さんお願いですから

8月模試で目標点を突破してください。

これは我々担任助手の願いでもあるのです。

 

 

そして高1,2年生の皆さん。

皆さんは秋になれば学校も始まり、部活文化祭学校行事の準備などで今以上に勉強時間がとれなくなると思います。

それは仕方ないことですし、むしろ高校生はそうあるべきだと僕自身は考えています。

ではここで高1,2生の皆さんに問います。

秋になれば今以上に時間を取って勉強することができると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

恐らく多くの人にとって答えはNOだと思います。

では、まだ秋に比べて時間的に余裕のある夏に成績を上げられなければ、

もう冬休みまでは成績を伸ばすことは絶望的になる

のは冷静に考えれば分かることと思います。

では、今成績を伸ばすことができなければ、

皆さんは恐らく受験本番1年(or2年)前のセンター試験同日体験受験でも

今と同じような点数を取ることになりますよね?

 

それではもう手遅れなんです。

 

そのような人たちはもうスタートの時点で半分受験に落ちてるようなものなんです。

なぜなら、高3になったら全国の受験生は一斉に努力をし始め、差を縮めるのはかなり難しくなるからです。

 

この時期のセンター模試は以上のような点で非常に大切な意味を持ちます。

受験生の皆さんも低学年の皆さんも妥協することなく、全力でこの模試に臨んでください。

皆さんの努力、期待しております

高田馬場校 担任助手 蛯名

 

**お知らせコーナー**
 
明日の開館時間は7:00~20:30です。
 
ブログの担当は山本担任助手です!乞うご期待!!
 
 

↓↓要チェック!!!