センター模試に向けて(山本) | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 8月 8日 センター模試に向けて(山本)

 

こんにちは!担任助手の山本です!

 

8月に入り、やっと東京学芸大学も夏休みが始まりました!

学芸の夏休みは、とにかく長く、二か月半くらいずっと休みが続きます!

これは全国の大学の中でも2位の長さを誇るのですが(外国語大学に1日負けました・・・)

この長さには理由があります!

それは、教育実習が行われるということです。

小学校や中学校の夏休みが終わらないと、実習に行けませんからね、、、

教員養成の専門校のような学芸大学ならではの理由ですね!

(ちなみに外語大は留学する学生のために夏休みが長くなっています)

このように、大学には中学や高校以上に特色が強く表れることがよくあります!

自分の目指す大学や興味のある大学については、

オープンキャンパスに行くなどして深く調べておく必要がありますね!!

 

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、

今週のテーマは「センター模試に向けて」です!

 

そもそも、皆さんは模試というものに対してどのような印象を持っていますか?

とにかく緊張する!という方もいれば、だるいなーと思っている方もいると思いますが、

一番大切なことは、本番を想定して行動することだと思います!

受けられる回数の限られたせっかくの「模擬試験」なのですから、

自分は本番直前どのような心境で、どのような行動をして試験に備え臨むのか、

よく考えて練習しておけるといいですね!

「練習は本番のように、本番は練習のように」とよく言われますが、

これは、「本番」「練習」だと思って受けるというよりかは

「練習」「本番」に近づけることで、

結果的に、「本番」でも「練習」通りの結果を出せるようになる

という意味合いが強いと僕は考えています。

 

残りの日数とやるべきことを、しっかりと把握して、

センター本番の練習である、この模試を最大限に活用していきましょう!!

高田馬場校 担任助手 山本

**お知らせコーナー**
 
明日の開館時間は7:00~20:30です。
 
ブログの担当は四方担任助手です!乞うご期待!!
 
 

↓↓要チェック!!!