センター同日体験記② | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2017年 1月 24日 センター同日体験記②

こんにちは!担任助手の加賀山です。

 
センターも終わり私立の医学部の入試が始まっていますね。がんばれ受験生!!
 
受験生はいよいよ二次試験という感じですが、
 
毎日点数が最大化できるような生活を送っていきましょう!
 
さて、今週のブログのテーマは
「センター同日体験談」ですね。
 
僕も2年前の高2の冬のこの時期にセンター同日模試を受けました。
 
高1の冬にもセンター試験を新聞で見て親に解いてみなと言われたのですが無視をしてしまい
(解いてみるべきでした…。)
 
結局、初めて受けるセンター形式のテストでした。
 
受験した感想としては
1,英語時間足りない!
2,学校で解いたことあるやつも間違えてしまった!
 
というようにあまり出来ませんでした。
(対策せずに受けたら当たり前ですね)
 
まぁみんなこんなもんだろと思ってその日は終わったのですが、、、
 
 
次の日、友達にどれくらい出来たか聞いたところ結果は惨敗。
 
 
ここから自分の勉強方法を見直しまくりました笑
 
その結果…
2月の模試では…。
 
 
普通だったら伸びるという流れなのですが、実際少しは伸びたのですが特筆するほどではありませんでした。
 結果的に満足のいく点が取れたのは10月くらいでした。
 
という体験談でした。
 
この体験談で重要だったポイントは
 
 
1,どんな模試やテストでも配点や傾向を理解していないと点数が取れないということ。
→せめて1回は全科目解いてみることをオススメします。
 
2,高い点数を取っている人がいるという事実を知ること。
→同じ学年でも点数には差が生じます。そこでいかに追いつこうという気持ちになれるかが重要です。自分の点数に満足していては成長は見込めません。
 
3,努力の基準をあげること。
→自分で努力したと思っていても周りにはもっと努力している人もいます。自分の努力の天井をあげることが大切です。
 
といったところです。
 
 
 
少し抽象的なことを書いてしまったのですが、
 
結局は模試を機に日々の受講や自習の量や質が上がることが大事だと思います。
出来ている人はほんの一握りです!
 
 
 
模試前の自分と模試後の自分で少しでも成長できるように頑張りましょう!
 

**お知らせコーナー**

明日の開閉館時間は11:30~21:45です。

 

 

明日のブログは・・・

大庭担任助手です!

センター同日を受けてどんな心情だったのでしょうか?

 
 
高田馬場校 担任助手 加賀山