センター同日を振り返ろう! | 東進ハイスクール高田馬場校|東京都

ブログ

2016年 1月 27日 センター同日を振り返ろう!

 

こんにちは!担任助手の田中です☆

 

明日から大学のテストが始まるので、ひたすら勉強中のこの頃…

授業でわからなかったところでいつも躓くので、まさに「苦手は後回しにすべからず」ですね(^ ^;)

 

さて、今週に入ってから、センター試験同日体験受験の成績表の返却が始まっています。

改めて成績を見てどうだったでしょうか?

 

まず、自己採点と点数が違った人

 これ、要注意です(>_<)

センター試験本番では、自分の自己採点をもとに

同じ大学を目指す人の中での自分の順位を確認し、出願校を最終決定します。

 

1点をも争う受験生、自己採点を間違えると本当の自分の位置がわからなくなってしまいますね…。

今度からは、自分の解答を正確に残せるように意識していきましょう!

 

次に復習についてです✿

模試後に生徒と話していてよく聞くのは、「習ったけど忘れてた…」という声でした。

 

知らない知識を減らしていくことももちろん大事ですが、一度習った範囲は確実に得点源にしたいですよね。

 

そこで、これを見てください↓

 

 

 

夏休み中のブログで田島担任助手が紹介していたような気もするんですが、再度登場してもらいます(笑)

 

これによると、

一度習ったことは完全に忘れてしまったのではなく、定期的な復習によってまた理解し直せることがわかりますね✿

 

つまり、

「習っていて解けなかった」所は次回からすぐに伸ばせる可能性が高いところです。

 

忘れるのを防ぐために重要なのはアウトプットです。

 

復習の時の見直しは大事ですが、

ただ見るだけでなくノートに書いたり、声に出したりすることで記憶に残しやすくなります。

 

社会なら

忘れていた用語の意味や関連する事項を一緒に調べてまとめたり、

数学なら

解く過程でなぜその式が出てくるのかを人に説明するつもりで声に出したり、

というように、思考を自分の言葉にすることで内容が整理できます。

 

鶴巻担任助手の言っていた復習ノートと合わせると更に効果的になりそうですね(笑)

 

点数を取れるべき所でしっかり取り尽くすという「受験に不可欠な力」をつけていきましょう!

 

高田馬場校 担任助手 田中

**************************